位牌の処分方法は「魂抜き・お焚き上げ」の2段階!費用を格安にするやり方をプロが解説!

位牌を継承できず、処分する家庭が増えています。遺品整理の現場でも「位牌をそのまま処分したい」というご要望をいただくことが多くなりました。

そのような風潮の中でも、多くの方は下のようなことで悩まれているものです。

  • そもそも、位牌は処分していいのか
  • 依頼するとお金はいくらかかるのか

弊社の場合は「合同供養なら無料」ですので、それをお伝えすると安心していただけます。しかし、弊社のお客様にはそうして安心していただけても、まだ同じように悩まれている方は全国に大勢見えるでしょう。そうした方々にご安心いただけるよう、この記事では「位牌の処分」について解説していきます。

(なお、位牌と合わせて仏壇の処分についても詳しく知りたい方は、下の記事を参考にしていただけたらと思います)

関連記事
遺品整理では「気分的に処分しにくい」という品物を多く目にします。その代表的なものが、仏壇をはじめとする「宗教系」のものです。 その中でも特に仏壇は「サイズが大きい」「作りが複雑」という点で、処分方法に悩む方が多いでしょう...

位牌の処分方法は二段階

位牌

位牌の処分方法は2つの段階に分かれています。「魂抜き」と「お焚き上げ」ですが、ここではそれぞれの意味を簡単に説明します。

まず「魂抜き」をする

位牌には魂が宿っています。仏教の浄土真宗はこの考えを否定していますが、その他の宗派では概ね「位牌には魂がある」という考え方です。

そのため、まずはその魂を抜く供養をします。これが「魂抜き」です。魂抜きの詳しい解説は、別の段落で行います。

次に「お焚き上げ」をする

魂抜きが終わったら、空っぽになった位牌を「浄火で天に還す」供養をします。これがお焚き上げです。

浄土真宗では、上に書いた通り「魂は最初から込められていない」という考え方をします。そのため「いきなりお焚き上げ」に入るのが位牌です。

その他、神道でもお焚き上げによって供養をします。お焚き上げについては、別の段落で詳しく解説します。

魂抜きとは

魂抜きのイメージ

上の段落で書いた通り、位牌の処分はまず「魂抜き」を行います。ここでは魂抜きとはどのような儀式化を解説していきます。

位牌・仏壇などを処分するときの儀式

魂抜きとは「位牌や仏壇を処分するとき、お墓から遺骨を出すときなどに行う儀式」です。読み方は「たましいぬき・たまぬき」の2通りがあります。

お性根抜き・閉魂(閉眼)法要とも

魂抜きには、下のような別名もあります。

  • お性根抜き
  • 閉眼法要
  • 閉魂法要

よく「性根が腐っている」などといいますが、あの「性根」というのはもともと仏教用語で「魂」という意味なんですね(私達の生活の中には、かなりの仏教用語が入っています)。

何をやるのか?→読経

読経

魂抜きでやることは、主に読経です。「お経を読む」ということです。つまり「普通の法事」とほとんど同じ内容になります(一般の感覚では)。

あくまで「魂を抜く」作業なので、たとえば位牌を機械のようにいじくっって物理的な作業をする、ということはありません。また、火を使うことなどもありません。

宗教・宗派によって多少異なる

魂抜きは基本的に仏教で行われます。ただ、その仏教の宗派によっては、読経以外の作業が加わることもあります(新興宗教も含め、仏教には多数の宗派があります)。

また、仏教だけでなく神道の魂抜きもあります。こちらはあまりメジャーではありません。「神道 魂抜き」と検索しても、仏教の情報ばかりが出てくるほどです。

神道の場合は何をするのか

宗派によりますが、主に「お祓い」をします。多くの人が神社で見たことがあるだろう「笹のようなものを神官が振る作業」です。

文字通り「振り払う=はらう」動作をするわけですが、これで魂を「お払い」するわけです。

お焚き上げとは

お焚き上げ

位牌の処分は、魂抜きの後でお焚き上げをして完了となります。ここではお焚き上げとは何かを解説していきます。

位牌・遺品などを浄火で天に返すこと

お焚き上げとは、位牌や遺品などを浄火で天井に還すことです。簡単に書くと「燃やして供養する」といえます。

どこに頼む?…お寺・神社・業者

お焚き上げを頼む場所は「お寺・神社・業者」の3通りです。業者には下の2通りがあります。

  • お焚き上げ専門業者
  • 遺品整理業者

どちらの業者も受け取った遺品をお寺・神社に受け渡すという点では同じです。

お焚き上げ業者と遺品整理業者の違い

これはどちらの分野でも「どの業者で比べるか」によって異なります。その前提で書くと、概ね下のような違いがあります。

遺品整理業者 合同供養なら無料
お焚き上げ業者 合同供養でも有料(1000円~5000円程度)

これだけ見ると「遺品整理業者の方がいい」と思うでしょう。実際「遺品整理を依頼するなら」その通りです。

遺品整理業者の合同供養は「サービス」である

業者

遺品整理業者は、遺品整理を頼んでもらえた時点で「最低限の利益」は確保できています。となれば、そこから先は「サービス」してもいいわけです。

もちろん「さらに合同供養でも稼ぐ」という発想もあるでしょう。しかし、合同供養が無料の業者と有料の業者がいたら、普通は前者に魅力を感じるものです。

そのため、業者間の生き残りという目的もあり、多くの業者は「合同供養は無料」としています。業者数が多い分、競争原理が働いているわけです。

お焚き上げ業者は「供養だけ」ならおすすめ

一方、お焚き上げ業者は「供養だけを頼める」「遺品整理を頼まなくていい」というメリットがあります。遺品整理の料金はケースバイケースですが、安くて2万5000円程度から。4LDKなどの大きな物件であれば20万円~60万円程度と、それなりの費用がかかるものです。

(遺品整理の料金相場については、下の記事を参考になさってみてください)

関連記事
遺品整理を業者に依頼しようと考えたとき、多くの方が知りたいと思うのは「料金の相場」でしょう。 この業者のホームページの金額は、高いのか?安いのか? 生前整理に入ろうと思うが、大体いくら用意しておけばいいのか? 見積もりの...

これらの費用が払えない、あるいは「そもそも遺品整理が必要ない」ということもあるでしょう。そのような方が、少数の遺品を供養したいだけということであれば、お焚き上げ業者に依頼する方が良いといえます。高くても5000円~7000円程度で済むためです。

自分に適した方に依頼しよう

このように、お焚き上げ業者と遺品整理業者の供養には、それぞれのメリットがあります。ご自身のニーズに適した方を選んで、活用していただけたらと思います。

費用は?…0円~3万円程度

お焚き上げの費用は、依頼する場所・内容によって異なります。場所や内容ごとにおおよその目安を示すと、下記の通りです。

遺品整理業者(合同供養) 無料
遺品整理業者(個別供養) 2万円~
お焚き上げ業者(郵送のみ) 1500円~(送料込み)
お寺・神社(郵送) 3000円~1万5000円(送料別)
お寺(現地) 1万円~3万円
神社(現地) 取り扱い少

遺品整理業者の「個別供養」というのは、たとえば「僧侶を自宅にお呼びして供養する」などの内容です。弊社みらいプロセスでは、この内容で2万円からお受けしております。実際の個別供養の金額は、そのやり方や業者によって異なると考えてください。

最期の神社(現地)の「取り扱い少」というのは「持込を受け付けている神社自体がほとんどない」ということです。少なくとも、ホームページを開設して、供養の情報を提供している神社の中では、ほとんど見当たりませんでした。

同じように探してもお寺の方は多数見つかります。このため、探し方の問題ではなく「神社の現場供養自体が、お寺と比較して圧倒的に少ない」ということは間違いないでしょう。

なお、上記の費用も含め、お焚き上げについての詳しい情報は下の記事でまとめています。

関連記事
遺品整理をしたあと、「手元にも残さず買取りにも出さない」となった品物については、「処分」をせざるを得ません。しかし、故人の思いが詰まった品物をただの不用品として処分するのは、やはり気が引けるものでしょう。 このような理由...

浄土真宗での位牌の処分

浄土真宗

故人が浄土真宗を信仰していた場合、あるいはご遺族の方が信仰されている場合「浄土真宗では、位牌の処分はどうなるのか」という点が気になるでしょう。ここでは「浄土真宗での位牌の処分」について解説していきます。

浄土真宗には位牌がない

実は、浄土真宗には「位牌」という概念がありません。そのため、位牌の処分以前に、浄土真宗でお葬式をあげた場合、原則として位牌自体がないのです。

魂抜きもしてもらえない

位牌という発想自体がないわけですから、浄土真宗のお寺では魂抜きをしてもらえません。「位牌に魂は宿らない」と、浄土真宗の僧侶は考えるためです。

このため、浄土真宗で位牌の処分をするときは「どこに魂抜きを頼むか」が問題になります。

例外的に手がけるお寺か、他宗で頼む

浄土真宗の中にも、お寺やお坊さんの方針で、例外的に魂抜きに対応しているお寺があります。そうしたお寺なら、依頼することもできるでしょう。

そのような浄土真宗のお寺が見つからなかったら、真言宗・日蓮宗などの他宗派のお寺に依頼することになります。

位牌処分を格安でする方法

電卓とお金

お焚き上げの費用相場

あらゆる遺品をすべて供養するお焚き上げではなく「位牌だけ」のお焚き上げの場合、下のような料金が1つの相場となっています。

送付供養 2500円(1柱)
持込供養 2.7万円(5柱まで)
永代供養 3万円(1柱)

これはあくまで1社の業者さんの例ですが、それぞれの供養の内容を解説していきます。

送付供養

これは、位牌をお寺に送付し、そこでお焚き上げしてもらうというもの。「一番普通のコース」といえます。

持込供養

これは、位牌を郵送などで送付するのではなく、自分で直接お寺に持ち込むというものです。参考にさせていただいた業者さんの場合、魂抜き(閉眼供養)も付いています。

5柱までで2.7万円という料金なので、もし5柱持ち込む場合、1柱あたりは5000円となります。送付供養は、その半額で「1柱2500円」です。

こうして見ると「持込供養は高い」と思われるかもしれません。しかし、魂抜きが付いていることを考えると、送付供養と同等か割安といえます。

永代供養

永代供養

これは、参考元の業者さんの場合「7年間供養したあとでお焚き上げをする」というものです。つまり「いきなりお焚き上げをするのは冷たい」と感じてしまう方のためのサービスといえます。

この費用には、位牌の年間管理費も含まれています。つまり、上記の3万円以上の出費はありません。

魂抜きがあるかないかについては、明記されていません。魂抜きがある「持込供養」については明記しているので、おそらく「永代供養の方に魂抜きは付いていない」と思われます(別料金がかかる可能性があります)。

33年など長期の永代供養(お寺に直接依頼する場合)

お墓

上で紹介した「永代供養」の場合、7年というルールでした。しかし、業者でなくお寺が永代供養という場合は、33年などの長期を指すことが多いものです。

その場合の相場はお寺によりますが、位牌1つにつき「10万円~50万円程度」ということが多いものです。上で紹介した業者さんが「7年で3万円」ということを考えると、1年あたりのコスパは「お寺に直接依頼する」方がいいといえます。

ここで鍵になるのは「33年などの長期の供養が必要かどうか」ということです。「そこまでの宗教心はない」と思うのであれば「7年で3万円」の方が、トータルで支払う金額は小さくなります。

1年あたりのコスパも大事ですが「そもそも、長く供養してもらう必要性を感じない」という場合は、短期間でも「総額が安い」方がいいでしょう。

魂抜きの料金相場

魂抜きをお寺や神社に直接依頼する場合、費用の相場は1万円~5万円程度です。あくまで「お気持ち」ということで、決まりはありません。しかし、多くの人がこの金額の範囲内で支払っているため、この範囲内にするべきといえるでしょう。

迷ったら3万円にする

迷った場合は、中間をとって3万円にするのが基本です。また、お坊さんを自宅に招く場合は、そのお寺が遠い場合、お車代として数千円~5000円程度をお渡しするといいでしょう。

これらはあくまで「そのようなパターン」が多い」というだけで、「こうしなければいけない」ということではありません。あくまで「お布施」なので、最終的には「ご自身の気持ち」で決めることになります。

遺品整理と一緒に業者に依頼するのもおすすめ

業者と女性

位牌の処分は、遺品整理業者にまかせることも可能です。ここでは、どのようなケースで遺品整理業者に頼むのがいいのかを解説します。

遺品整理を自力でやるか、業者に頼むか

まず考えるべきことは、遺品整理を自分でやるのか、業者に依頼するのかという点です。業者に依頼するのであれば、位牌の処分もその業者に任せるのが一番といえます。

(もし自分で遺品整理をやるのであれば、遺品整理の「コツ」を知っている必要があります。遺品整理のコツについては、下の記事で詳しく解説しています)

関連記事
大切な方が亡くなった後は、誰でも気持ちが深く沈んでしまうものです。「遺品整理なんて手につかない…」ということも多いでしょう。 このようなときは、もちろん無理をする必要はありません。しかし、賃貸住宅から出るときなど「どうし...

業者に頼むなら、位牌の処分は無料

ここまで費用の説明などでも書いてきた通り、遺品整理を業者に依頼するなら、その業者が位牌を無料で処分してくれます。位牌だけでなく、供養が必要な遺品のほとんどを、無料で供養してもらえます。

やり方は合同供養になる

その供養のやり方ですが、ここまでも説明してきた通り「合同供養」になります。他の方の位牌や遺品と一緒に行う、ということです。

合同供養でも、供養のレベルが下がるということはございません。お坊さんが「金額によって故人を差別する」ということはありませんから、合同供養でも正当な儀礼にしたがって供養してもらえます。

不燃物が混ざっている場合は、追加料金が必要になる

ギター

合同供養は位牌も含めて、お焚き上げで行います(もちろん、位牌は魂抜きをした後です)。

お焚き上げということは「燃やす」わけです。そのため、家電製品などの「燃えない物」が混ざっていると、それは別の方法で供養し、自治体のルールで処分する必要があります。お寺といっても、国の不要物処理のルールには従わなければいけないのです。

ということは当然、その不燃物を「処分」するための費用がかかります。きわめて現実的な話になりますが、その遺品が家電製品だったら「家電リサイクル法」にしたがって処分しなくてはいけないのです。

家電リサイクル法のルールでは、電気店に対して数千円などの料金を払い、その家電を引き取ってもらいます。お寺も遺品整理業者もそれは例外ではないため、この費用がやむを得ず上乗せされるということです。

まとめ

オペレーターの女性

位牌はサイズこそ小さいものの「故人の魂そのもの」と見なすこともでき、処分がもっとも大変な遺品の1つです。浄土真宗のように「魂など込もっていない」という考え方もあり、扱いについても意見が割れやすいといえます。

それだけに、遺品整理を業者に依頼する場合は「無料の合同供養でまかせる」というのは有効な選択肢です。繰り返し書いてきた通り、実際にお坊さんが行う儀式については、料金による差別がないのです。

  • 遺品整理がスムーズに完了する
  • 質の高い供養が無料で受けられる

このような理由から、遺品整理の業者を利用していただくメリットは大きいといえます。

業者なら個別供養も安くなる

業者と夫婦

合同供養を無料でサービスできるということは、個別供養もある程度割引できるということ。遺品整理業者は「遺品整理を依頼していただいた時点で利益が出ている」ので、供養についてはサービスできるのです。

たとえば弊社みらいプロセスでは、僧侶を自宅に及びする個別供養を、2万円から承っております。これはお寺に直接ご依頼いただくときよりも、1万円~2万円ほど安い金額となります。他社と比較しても最安レベルの相場です。

こうした個別供養のリクエストも含め、みらいプロセスはあらゆるご相談・ご要望にお応えしております。どんなに些細な質問でも結構ですので、まずはお気軽に、お電話・メールでご質問くださいませ。

遺品整理のみらいプロセスの対応エリア

area__map-banner

遺品整理みらいプロセス にお任せください

遺品整理みらいプロセスは、埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理、生前整理なら即日にお伺い出来ます。お急ぎの方、現場にはいけない遠方の方など、是非ご相談下さい。

※順次エリア拡大中ですが、一部対応できない地域もあります

遺品整理の関連記事こちらの記事もよく読まれています

2019-07-22

実家の荷物の処分は業者に依頼すべき?料金相場や選び方をプロが解説!

遺品整理や生前整理など、実家の荷物の処分が必要になるケースは多くあります。そのとき、多くの人が知りたいのは下のような点でしょう。 自分でやるべきか、業者に依頼すべきか 「一部のサービスだけ」業者に依頼できるか 費用はどれ…

2019-06-22

遺品整理は四十九日の前後、どっちがいい?ベストの片付け時期をプロが解説!

遺品整理は通常の仕事と違い「故人への追悼の念」が絡むもの。このため、行う時期についても四十九日などの節目を意識する人が多いでしょう。 四十九日より前は、やらない方がいいか 逆に、四十九日までにやった方がいいのか 初七日な…

2019-06-20

遺品整理後の部屋のお祓いは必要なケースは?供養との違い・依頼先の選び方をプロが解説!

遺品整理の現場では、供養だけでなく「部屋のお祓い」をすることがしばしばあります。ご自身が関わる遺品整理で「うちもお祓いをした方がいいのか」と疑問に思う方は少なくないでしょう。 どのようなケースで必要なのか なぜ必要なのか…

遺品整理で親族同士がもめる?トラブルの理由や予防法
2019-06-19

遺品整理で親族同士がもめる?トラブルの理由や予防法は?

遺品整理のやり方を間違えると、親族同士でもめてしまってトラブルに発展してしまうことがあります。そのため、遺品整理をしていくにあたって、親族同士でトラブルになりたくなければ、そのトラブルの理由や具体的な予防法について把握し…

2019-06-17

遺品を売ると税金がかかる?課税の条件・注意点・節税のポイントをプロが解説!

当然ながら、遺品のすべてを遺族が引き取ることはできません。いくつかの遺品は売るか、供養した後に処分することになります。 前者の「売る」という選択をしたとき、気になるのは「売って得たお金に税金はかかるのか」ということでしょ…

2019-06-17

故人の銀行口座の手続きは何をする?凍結・解約のやり方&必要書類をプロが解説!

大切な方が亡くなった後は、遺品の整理だけでなく、多くの手続きも必要。その中でも特に重要なのが「銀行口座の手続き」です。 まず、どんな手続きをするのか 凍結が必要と聞いたが、どうやるのか 解約はどうすればいいのか このよう…

ctaFooter__copy-sub

TEL:0120-543-0840120-543-084
無料見積もりはこちら 24時間相談受付中
ctaFooter__hito