部屋を丸ごと処分する時の費用相場~ゴミ屋敷・引越しでも業者に頼める?~

家がゴミ屋敷や汚部屋になってしまっている場合「部屋を丸ごと片付けたい」ということもあるでしょう。あるいは、引っ越しのときにも「時間がないので、丸ごと処分したい」ということもあるかと思います。

そのような「丸ごとの処分」を考えたとき、多くの人が気になるのは下の点でしょう。

  • 業者に頼むといくらかかるのか
  • 引っ越しのときは、引越業者に頼めるのか
  • 業者に依頼するときの注意点はあるか

この記事では上記の疑問への答えも含め、部屋の不用品を丸ごと処分するときに必要な知識をまとめていきます。ゴミ屋敷や汚部屋の片付け、大規模な断捨離、引っ越しに伴う清掃などを考えている方には、きっと参考にしていただけるでしょう。

部屋丸ごと処分するときの料金は?業者の費用相場を解説

大掃除をする女性

間取り・広さ別の目安金額

部屋・家の不用品をまるごと処分する場合、料金は間取りで決まるのが一般的です。たとえば弊社の遺品整理の基本料金は、下記のようになっています。

1K 24,000円~
1DK 54,000円~
1LDK 69,000円~
2DK 99,000円~
2LDK 119,000円~
3DK 139,000円~
3LDK 149,000円~
4DK 169,000円~
4LDK 189,000円~

(作業人数なども含めた詳しい情報は、「遺品整理の料金」のページをご覧ください)

上記の金額について補足すると、下の通りです。

  • 最小金額のため、実際にはこれより高くなることがあります
  • 特に関東エリアでは最安値レベルであるため、他社様ではやや高くなることがあります
  • 部屋がゴミ屋敷のような状態の場合、上記の金額より高くなります

他にも補足すべき点は多くありますが、間取り別のおおよその目安は、上記の表の通りとお考えください。実際にどのように金額が決まるかは、電話やメールでお問い合わせいただければ、何でも詳しくお伝えさせていただきます(もちろん見積もりも含めて無料でございます)。

料金設定については業者それぞれのルールがあるため、複数社で問い合わせをしていただくのがいいでしょう。また、ゴミ屋敷・汚部屋の場合の料金については、下の記事を参考にしていただけたらと思います。

関連記事
ゴミ屋敷の清掃は自力では難しいもの。「専門の業者に清掃を依頼しよう」と考えている人もいるでしょう。そのとき、多くの人が気になるのは下のような点ではないかと思います。 どのように業者を選べばいいのか 費用の相場はどのくらい...

ハウスクリーニングが必要な場合

ハウスクリーニング

「部屋を丸ごと処分する」となると、片付けの後でハウスクリーニングが必要になることもあるでしょう。この場合の料金も、基本的には部屋の広さによって決まります。間取り別の相場を書くと、下の通りです。

1DK・1LDK 24,000円~
2LDK・3DK 39,000円~
3LDK・4LDK 59,000円~

これも弊社・みらいプロセスの料金で、やはり関東エリアの最安値レベルです。また、弊社でも最小金額となるため、これより高くなることもあるとお考えください。

ただ、ハウスクリーニングはもう「ゴミ・不用品がない状態」のため、大きく料金が変わることはありません。汚れ方のレベルにもよりますが、片付けのときと比較すると、状況による料金の変動が小さいとお考えください。
遺品整理士黒川
遺品整理士黒川

特殊清掃・消臭工事が必要な場合

ゴミ屋敷の中でも特にひどい状況や、住まれていた方が孤独死されてしまったケースなどは、特殊清掃や消臭工事が必要になることがあります。この場合の料金の目安は、下の通りです。

特殊清掃(布団など汚物除去) 29,000円~
プラズマオゾン脱臭 19,000円~
害虫駆除 11,000円~

これも弊社の料金(最小金額)です。これらのメニューは、不用品の処分以上に「状況による差が激しい」ものです。そのため、上記はあくまで目安と考えた上で、ご相談いただければと思います。お見積りでは、詳しい状況をお教えいただいた後、「なぜその価格になるのか」という根拠も含めて、丁寧に査定と説明をさせていただきます。

(なお、消臭工事の費用や作業内容については下の記事で詳しく解説しています)

関連記事
年々増加して社会問題となっている孤独死。これが起きた場合の「部屋の匂い」について、多くの人がそれぞれの立場で、下のような疑問を持っているでしょう。 孤独死の部屋の匂いは、どう除去すればいいのか 隣人が孤独死をしたら、引っ...

また、どのようなケースで特殊清掃が必要かは、下の記事を参考にしていただけたらと思います。

【参考】事故物件に特殊清掃が必要!具体的な依頼手順を解説

リフォーム・原状回復工事が必要な場合

リフォーム

部屋ごと不用品を処分し、特殊清掃をしても「まだ足りないような現場」もあるでしょう。

  • 長年ごみ屋敷だった
  • 孤独死現場で発見が遅れてしまった

上記のような現場ですが、このようなケースでは、リフォームや原状回復工事が必要になることもあります。そして、この場合の金額は完全にケースバイケースです。

しかし、原状回復の工事については下のようなデータがあります。孤独死が起きたとき「どれほどの損害が出て、保険金がどれだけ下りたか」というデータです。

平均損害額 39万1541円
平均支払保険金 25万5455円
最大損害額 415万8000円

保険金を抜きにして損害額だけを見ると「平均39万円、最大415万円」となります。平均が39万円なので、孤独死による原状回復の工事費用は約40万円かかると考えていいでしょう。もちろん、最大の場合は400万円以上かかるわけなので、40万円で必ず間に合うということではありません。

なお、保険に入ってさえいれば、平均で25万円が保障されます。このため、自腹を切るのは計算上14万円となります。

このような孤独死に伴う原状回復工事については、下の記事を参考にしていただけたらと思います。

関連記事
孤独死をして発見が遅れてしまった場合、部屋の壁紙・クロスの交換など、原状回復の費用が必要になることがしばしばあります。このとき、下のような点が気になる方が多いでしょう。 誰がどこまで、支払いの責任を持つのか 保証人でなく...

「部屋丸ごと不用品回収」のサービスを受けるときの注意点

作業着の女性

どんなサービスを受けるときにも注意点は必ずありますが、それは「部屋丸ごとの不用品回収」というサービスでも同じです。ここでは、こうしたサービスを業者から受けるとき、どのような点に注意すべきかをまとめます。

買い取りが弱い業者は損をするので避ける

部屋まるごと不用品を回収してもらう場合、その中には「価値のある品物」も混ざっていることが多いもの。そのような品物を買い取りなし、あるいは低い買取価格で回収されてしまったら損をします。

逆に、高い買取価格をつけてくれる業者に依頼すれば、その分得するわけです。品目によっては利益すら出るかもしれません。

ホームページの事例で、買取価格も示している業者を選ぼう

不用品を高値で買い取ってくれる業者は、ホームページの実績の中でも過去の買取価格を明記しているものです。

  • 古本一式…9000円
  • 骨董品…5万円

などの情報です。こうした情報が掲載されているほど、その業者は積極的に買い取りに応じてくれると期待できます。逆にこのような情報を提示していない業者を選ぶときは、慎重にすべきでしょう。

最終的には片付けの料金だけでなく、買い取りを含めた「プラス・マイナスの総額」で判断するべきです。そのため、その業者の「買取力」は、意外に重要といえます。
遺品整理士黒川
遺品整理士黒川

信頼性の高い法人でなければ不法投棄のリスクがある

部屋まるごとの不用品を回収したら、当然その処分が大変なものです。通常は、それがプロの仕事であるため、丁寧に仕分けをして自治体のクリーンセンターなどに持ち込んで処分をします。

しかし、このような作業をしない業者が存在します。回収した不要品を、人気のない耕作放棄地や廃墟などに不法投棄するのです。

依頼主が疑われる可能性もある

このような不法投棄は、それ自体が環境破壊であり、犯罪でもあるため大問題です。しかし、それにも増して依頼主のあなたが不法投棄をしたと警察に疑われるリスクもあります。

最終的に疑いが晴れるとしても、余計な時間や手間、心労がかかることは間違いありません。このようなトラブルに巻き込まれないためにも、信頼性の高い法人に依頼するべきなのです。

スピーカーで巡回アナウンスをしている業者は特にNG

不用品回収のトラック

不用品回収の業者の中でも、特にトラックのスピーカーを使い、街中で巡回アナウンスをしている業者は避けましょう。こうした業者は不法投棄のリスクが特に高く、多くの自治体が注意喚起をしています。

特に神奈川県の相模原市にいたっては、こうした業者による回収を禁止しているほどです。これは下の記述でわかります。

「無料で不用品を回収します」などと記載したチラシを各家庭に配布し、軽トラックなどで地域を巡回しながら不用品を回収する業者などが見受けられます。
違法な不用品回収業者を利用することで、「無料と思っていたら、後で有料といわれた。積んだ後で、高額な料金を請求された。」などといったトラブルが発生しています。
また、違法な不用品回収業者に渡すと国内外の環境汚染や不法投棄につながる場合があります。
市ではご家庭から排出される不用品を、「トラック型不用品回収」「拠点型不用品回収」「チラシ型不用品回収」で回収する行為を認めていませんのでご注意ください。
違法な不用品回収業者にご注意ください!国内外での環境汚染や不法投棄につながっています!(相模原市)

このような理由から、特にスピーカー巡回型の業者の利用は、徹底して避けるようにしてください。

なお、これらの注意点は「部屋をまるごと処分する」ときに限らず、通常の遺品整理や不用品回収で業者を選ぶときのポイントとも共通します。こうした選び方のポイントについては、下の記事を参考にしていただけたらと思います。

関連記事
遺品整理は多くの人にとって「ほとんど経験がない」もの。元の作業内容自体が膨大な上、経験も乏しく、さらに精神的なショックを受けているという「三重苦」の中で、こなさなければいけない仕事です。 このため「遺品整理は自分でするの...

引っ越しで、不用品を丸ごと処分したい!引越業者に依頼できる?

引っ越し

引っ越しで不用品を大量に処分することは多くあります。そのとき「引っ越し業者に全部まとめて依頼できないか?」と思うことは多いでしょう。ここでは、それが可能かどうか、メリットがあるかどうかを解説していきます。

引越業者への依頼はできない、もしくは高額になる

結論をいうと、引越し業者に部屋の不要品をまるごと処分してもらうことは、難しいものです。

  • 対応していない引越業者も多い
  • 対応していても割高になる

割高というのは、遺品整理や不用品回収の専門業者と比較した場合です。なぜ対応していない業者が多いのか、割高になることが多いのかを説明します。

対応していない業者が多い理由

引っ越し業者

これは「1件の引越しで2倍の労力がかかる」ためです。それは、実際の作業を下のように想像してみるとわかるでしょう。

  1. 現場に到着する
  2. 部屋まるごと、不用品を回収する
  3. トラックに積み込む
  4. 会社、もしくはクリーンセンターに向かう

一見普通ですが、よく見ると「引越しが全然できていない」ことがわかります。もちろん、下のようなケースならそれでもいいでしょう。

  • 引越し先に持っていくものが、一つもない
  • 全部捨てて、部屋の明け渡しをしたいだけ

これなら、引越し作業ができなくてもかまいません。しかし、それなら最初から不用品の回収業者に頼む方がいいのは明白です。

引越しの業者に依頼するということは、何か「持っていくもの」もあるはずです。そして、それを「持っていく=普通の引越しをする」ために、下のことが必要になるのです。

  • 別のスタッフを用意する
  • 別のトラックを用意する
  • 彼らが半日~1日かけて、引越し先との往復をする

このように、スタッフもトラックも「単純計算で2倍用意する必要がある」わけです。これを読んで「売上も2倍になるからいい」と思う人もいるでしょう。

確かに、業者にとっては売上が2倍になります。しかし、依頼者からしたら「2倍の費用がかかる」ということです。そのため、わざわざ引越し業者に頼む理由があるのかが焦点となります。

引越業者は不用品の処分が苦手なため、コスパが悪い

引っ越し業者と女性

引越し業者は不用品の処分を専門としていません。そのため、無理に専門でないサービスを提供すると、どうしてもコスパが悪くなります。「サービスの質が良いわけではないのに、料金が高くなる」ということです。

たとえていうなら、ドーナツ屋さんのチェーン店でもラーメンが売られています。しかし、専門のラーメン屋と比較して、コスパが悪いことは言うまでもないでしょう。

引越し業者が提供する不用品回収のサービスは、それと同じなのです。「餅は餅屋」として専門の業者に依頼するのが、一番コスパを改善できる方法となります。

引越しで不用品の一括処分が必要になるケース

引越しの際、下のようなケースでは「不用品をまるごと処分するサービス」が役立ちます。

  • 引っ越しの期日が迫っている
  • 粗大ごみ・不用品が大量にある
  • ゴミの回収日(特に粗大ごみ)が遠い

引越しの期日は特に厳守しなくてはならないため、時間がないときには「丸ごと処分」のサービスは便利でしょう。なお、このような引越しの期日に迫られることをきっかけに、汚部屋を脱出できたという体験談も多く見られます。こうした汚部屋脱出の体験談については、下の記事で詳しく紹介しています。

ゴミ屋敷の脱出~手順・期間・きっかけ~(該当の段落似直接ジャンプします)

引っ越し時に多い不要品と、それぞれの処分方法

業者に頼むかどうかは、実際に引っ越しをするとき「どのようなゴミが多く出るのか」で判断するのがいいでしょう。その品目と処分方法を見て「依頼すべき」と思ったら依頼し、「するまでもない」と思えば、自力で処分するべきといえます。

引っ越し時に多く出る不要品を、種類別にまとめると下記のようになります。

粗大ゴミ ベッド・ソファ・タンス・テーブル
家電製品 冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビ
日用品 食器・衣類

冷蔵庫などの家電4品目は、すべて家電リサイクル法の回収対象となります。ただ、同じ冷蔵庫やエアコンという括りでも、種類によっては対象とならないこともあるものです。

家電リサイクル法画像引用元:対象廃棄物(家電4品目)一覧(一般社団法人・家電製品教会 家電リサイクル券センター)

上の画像のように、同じエアコンでも対象外となるものもあります。ただ、一般的なタイプの製品はおおむね該当すると思ってください。

家を丸ごと処分したい!建物と一緒にゴミや家具を始末できる?

解体工事

「家をまるごと処分する」というとき、「建物の解体と一緒に処分する」という意味で考えている人もいるでしょう。そうでない、建物を残して不用品だけを処分するやり方については、ここまで説明してきた通りです。

そのため、ここではまだ説明していない「建物の解体と同時に、不用品を処分する」方法について解説します。

「家具ごと取り壊し」はできない

「どうせ家を壊すのだから、中の家具ごと壊してもらえたら楽だ」と考える人もいるでしょう。結論をいうと「一緒に壊す」ことはできません。理由は下の通りです。

  • 洗濯機などは家電リサイクル法に則って処分しなければならない
  • 食器棚などのガラスがある家具は、破片が危険物になる

主にこれらの理由から「一緒に壊す」という横着なことはできないのです。

「家具がある状態での解体依頼」はできる

「すべて一緒に壊す」ことはできないものの「家具がある状態でも解体を依頼する」ことはできます。ただ、これはおすすめできません。理由を説明していきます。

処分費用は、回収業者の10倍前後になる

工事とお金のイメージ

このように解体業者に家具などの処分を依頼した場合、家具の処分にかかる費用だけで、遺品整理や不用品回収の専門業者と比較して、10倍程度の料金になります。これは、実際に解体業者さんがホームページで書かれていることです。

(つまり、解体業者にとって不利な情報であるにもかかわらず、自ら書かれています)

解体業者が処分すると、ゴミがすべて「産業廃棄物」になる

処分費用が10倍前後と高額になる理由は「産業廃棄物」になるためです。ゴミは主に下の2通りに分かれます。

  • 一般廃棄物
  • 産業廃棄物

遺品整理や不用品の回収業者なら、一般廃棄物になります。しかし、解体業者の場合は「産業廃棄物」になってしまうのです。

産業廃棄物になる理由

産業廃棄物

これは「解体工事に伴う廃棄物」と扱われるためです。極端な話、ただのコンビニ弁当の空き箱だったとしても、コンクリートなどと同じく「解体工事に伴う廃棄物」になってしまうわけです。

産業廃棄物20種類の中で、該当するもの

産業廃棄物は「事業活動から出る20種類のゴミ」に該当するものです。その20種類の中で「解体業者が家具などを処分する」ケースに当てはまるのは下のものです。

がれき類 建物等の新築・改築・解体などで出たコンクリート片など
紙くず 紙に関する事業活動から出るもの(パルプ製造業・建設業など)
木くず 木材に関する事業活動から出るもの(木材製造業・建設業など)
繊維くず 繊維製品製造業以外の繊維工業の事業活動から出るもの(建設業など)

上記のとおり「紙くず・木くず・繊維くず」なども該当します。建設や解体の現場では、紙くず・繊維くずでは下のようなものがあります。

紙くず 壁紙・障子・ふすまなど
繊維くず カーペット・カーテン・防火用の化学繊維など

この他、木くずについては柱や床などから大量に出ます。そして、家具の処分を解体業者に依頼すると、ただの紙ゴミですら、上記の「紙くず」に分類されるのです。A4の紙1枚でも「産業廃棄物」になってしまうんですね。

実は、このように「業種によって同じゴミでも扱いが変わる」ケースは、まったく普通に見られます。オフィスでのコピー用紙は「ただのゴミ」ですが、製紙工場では「産業廃棄物」になるのです。
遺品整理士黒川
遺品整理士黒川

こうした理由から「ただのゴミが異様に処分しにくい産業廃棄物に変わって」しまいます。そのため、解体業者に家具などの不用品まですべて頼むのは、解体業者の側でも推奨していないのです。

不動産整理ができる業者なら、売却もスムーズ

家とお金

一般の不用品回収や遺品整理の業者では、不動産整理まではできません。しかし、中には不動産会社と強力なネットワークを持ち、不動産整理までできる業者が存在します。

そのような業者の場合、建物を解体したあとの土地の売却もスムーズにできます。もちろん、解体なしで建物ごと売る場合も同じです。

不動産整理は弊社が特に強みとする部分でもありますので、ご興味がある方は「不動産整理」のページもご覧いただけたらと思います。

まとめ

女性作業員

部屋の不用品を丸ごと処分したい場合は、遺品整理か不用品回収を専門とする業者に依頼するのがベストです。特に弊社は遺品整理の現場で培った技術と経験によって、どのようなお部屋でもスピーディーに美しくお片付けさせていただきます。

料金についても、特に関東エリアで業界最安値保証を宣言しているため、他社以上にリーズナブルな価格でサービスをご利用いただけます。見積価格が他社より1円でも高かった場合は、値引きさせていただくことも可能です。

お問い合わせやお見積りは完全無料ですので、まずはお気軽にご相談くださいませ。お部屋・ご自宅の清掃・お片付けを通して、皆様のお役に立てますことを、スタッフ一同心よりお祈りいたしております。

遺品整理のみらいプロセスの対応エリア

area__map-banner

遺品整理みらいプロセス にお任せください

遺品整理みらいプロセスは、埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理、生前整理なら即日にお伺い出来ます。お急ぎの方、現場にはいけない遠方の方など、是非ご相談下さい。

※順次エリア拡大中ですが、一部対応できない地域もあります

ゴミ屋敷の関連記事こちらの記事もよく読まれています

2019-11-30

ゴミ屋敷~原因とされる心理や病気、女性の事例など~

ゴミ屋敷は、現代日本で特に大きな社会問題のひとつです。弊社はゴミ屋敷清掃のお手伝いもさせていただいていますが、その中で「社会全体での理解・対策」が必要と痛感しています。 そのため、この問題を整理し、多くの方にわかりやすく…

2019-11-19

ゴミ屋敷の清掃(掃除)業者の選び方と費用相場

ゴミ屋敷の清掃は自力では難しいもの。「専門の業者に清掃を依頼しよう」と考えている人もいるでしょう。そのとき、多くの人が気になるのは下のような点ではないかと思います。 どのように業者を選べばいいのか 費用の相場はどのくらい…

ctaFooter__copy-sub

TEL:0120-543-0840120-543-084
無料見積もりはこちら 24時間相談受付中
ctaFooter__hito