五月人形を処分する9つの方法~神社での供養や捨てる時期のルールをプロが解説~

遺品整理などで部屋の片付けをしていて、多くの人が引っかかるのは「人形の処分」です。特に五月人形は兜や甲冑があるため「どのように処分すればいいのか」と悩む人も多いでしょう。

  • 自治体のごみに出していいのか
  • 神社やお寺での供養は必要なのか
  • 業者に買取を依頼すると、どのくらいで売れるのか
  • 五月人形のしきたりでは、使い回しはOKなのか

上記のような疑問を持つ人も少なくないはずです。この記事ではこれらの疑問への答えも含めて、五月人形の処分について詳しく解説していきます。五月人形の処分方法で悩んでいる方には、きっと役立てていただけるでしょう。

この記事の目次

五月人形を処分する9つのやり方~どの方法がおすすめ?

五月人形

まず、五月人形の処分にはどのような選択肢があるかを紹介します。それぞれの詳細を見て、ご自身の状況に一番合ったやり方を選んでいただけたらと思います。

寺社に持ち込んで供養する

五月人形の処分で一番一般的な方法は「お寺や神社の供養に出す」こと。寺社では五月人形に限らず、あらゆる人形の供養を引き受けています。

寺社での供養についてはこちらの段落で詳しく解説しています。

お焚き上げ業者・寺社に郵送する

ゆうパックを送る

値段は少々割高になりますが、お焚き上げ専門の業者や、寺社に郵送して処分してもらう方法もあります。郵送での処分料金の相場はこちらの段落をご覧ください。

お焚き上げとは遺品や人形などを浄火で天に還す儀式です。お焚き上げの詳細に興味がある方は、下の記事を参考にしていただけたらと思います。

関連記事
遺品整理をしたあと、「手元にも残さず買取りにも出さない」となった品物については、「処分」をせざるを得ません。しかし、故人の思いが詰まった品物をただの不用品として処分するのは、やはり気が引けるものでしょう。 このような理由...

買取業者・リサイクルショップに売る

ある程度価値があるものなら、中古人形の買取業者や、リサイクルショップなどに売ることもできます。こうした業者の買取相場についてはこちらの段落をご覧ください。

業者の査定は、最近ではメールやLINEで画像を送るなどの方法で「ネットでの簡易見積もり」ができるようになっています。そうした簡易見積もりを何件か受けて、高く買い取りしてくれそうな業者に絞って直接持ち込むという方法もいいでしょう。

ネットオークション・フリマで売る

オークション

ヤフオクなどのオークションや、メルカリ・ラクマなどのフリマアプリで売る方法もあります。こうしたサービスでの落札価格の相場はこちらの段落をご覧ください。

できるだけ高値で売れるよう、下の点も意識するといいでしょう。

  • 魅力的な紹介文を書く
  • 写真をきれいに撮影する
  • あらゆる部分・場所を撮影し、商品の状態がよくわかるようにする
  • 質問には迅速に答える

基本的には「いいネットショップがやっていること」を真似すればOKといえます。特に高価な五月人形については、これだけで1万円以上の買取価格の差がつくこともあるため、時間をかけて作業する価値は十分にあるでしょう。

遺品整理・不用品回収の業者に依頼する

女性スタッフ

弊社のような遺品整理の専門業者や、不用品の回収業者も五月人形の処分に対応しています。通常「人形の処分だけ」では、こうした業者を使うメリットは、あまりありません。

しかし、五月人形は別です。大型の鎧飾りの買取価格は安くても数万円することが多いため、単品で買い取りを依頼するメリットがあります。

また、大型の鎧飾りを自分でリサイクルショップなどに持ち込むのは難しいため、業者の訪問買取のサービスを利用するメリットは大きいといえるでしょう。

弊社は五月人形などの高級品の買い取りにも積極的に対応させていただきます。弊社の不用品買い取りのサービスは「遺品の買取」のページで詳しくまとめているため、興味がある方はこちらを参考になさってみて下さい。

家財整理・生前整理などとセットで頼むのが特にお得

不用品の回収業者でなく、遺品整理の業者に依頼する場合は、家財整理・生前整理・身辺整理などをセットで依頼するのがおすすめです。これらの整理の内容については、それぞれ下の記事を参考にしていただけたらと思います。

また、業者の選び方については、下の記事を参考になさってみてください。

関連記事
遺品整理は多くの人にとって「ほとんど経験がない」もの。元の作業内容自体が膨大な上、経験も乏しく、さらに精神的なショックを受けているという「三重苦」の中で、こなさなければいけない仕事です。 このため「遺品整理は自分でするの...

遺品整理業者なら、供養を無料でできる

お焚き上げ

遺品整理と不用品回収の専門業者を比較すると、五月人形の処分ではどちらが良いのか―。という点が気になる人もいるでしょう。

これは基本的に「遺品整理の業者」です。理由は、人形を処分するときに必要な供養を無料でできるためです。

すべての業者が無料というわけではありませんが、弊社も含めて無料で対応している業者は一定数存在します。供養のために追加料金を払う必要がない分、メリットが大きいということです。

仏壇・神棚などの処分でも同じ

これは仏壇や神棚などの処分でも同じことがいえます。供養が必要な仏具・神具・縁起物の処分は、遺品整理の業者方が向いているのです。

(こうした品物の処分については、それぞれ以下の記事で詳しく解説しています)

なお、遺品整理業者で無料でできる供養は「合同供養」です。個別供養は追加で2万円ほどの費用が必要となります。

しかし、儀式としての内容は合同供養でも個別供養でもまったく変わらないため「合同供養は個別供養より劣る」ということは全くありません。その点についてもご安心ください。

ボランティア団体に寄付する

ボランティアスタッフ

ボランティア団体を通して、海外の学校や文化交流施設などに贈ることもできます。また、売却してもかまわない場合はその旨を伝えれば、団体が売却し、活動資金とすることも可能です。

寄付についてはこちらの段落をご覧いただけたらと思います。

親戚・友人・知人にゆずる

家族や親族、友達や知り合いなどに譲る方法もあるでしょう。ただこれについては、五月人形のしきたりでは「使い回しはNG」ということを、お互い理解しておく必要があります。

このようなしきたりをお互い気にしないのであれば、仲が良くなる上に、相手にとってはお金も節約でき一石二鳥でしょう。五月人形の使い回しができない理由はこちらの段落で解説しています。

ジモティーなどの掲示板で欲しい人を探す

身近に五月人形を欲しがる人がいなかった場合、ジモティーなどの「あげます・譲ります」の掲示板で、欲しがる人を探すのもおすすめです。

ジモティーでは五月人形に限らず、あらゆる不用品の貰い手を探すこともできます。もちろん、自分が欲しい場合は譲ってくれる人を探すことも可能です。

ボランティア団体に寄付するというこだわりがなく「無料で引き取ってくれるなら誰でもいい」という場合は、こうしたサービスを使ってみるのもいいでしょう。

自治体のゴミとして捨てる

ゴミ回収

五月人形は、市区町村のゴミ収集に出すこともできます。基本的には下のようなルールです。

  • 人形…燃えるゴミ
  • ケース…燃えないごみ
  • 指定ごみ袋に入らないサイズ…粗大ごみ

燃えないごみについては、自治体によって「埋めるごみ」など、名称が違うこともあります。何はともあれ「人形とケースで分ける」と考えてください。

青森県八戸市の例

実例として、八戸市でのルールを紹介します。

人形、日本人形、フランス人形…可燃(袋からはみ出る場合は粗大ごみ)
人形ケース(ガラス)…不燃(袋からはみ出る場合は粗大ごみ)
人形ケース(プラスチック)*最長辺50cm以下…可燃(袋からはみ出る場合は粗大ごみ)
八戸市ごみ分別リスト(な行)

いずれも「袋に入らない場合は粗大ゴミ」という部分が共通しています。ケースはプラスチックなら可燃となっていますが、これはすべての自治体で共通とは限りません。プラスチックは不燃ごみという自治体も存在します。

このように、特にプラスチックケースについて異なる可能性がありますが、おおむねどの自治体でも、上記のようなルールであると考えてください。

兜・甲冑は金属ゴミ?

甲冑

これについては、個別に問い合わせていただく必要があります。一口に金属といっても、素材や自治体のルールによっては回収できないこともあるためです。

基本的には「袋に入るような小さいものなら、但し書きの紙を貼り付けた上でOK」となる可能性が高いといえるでしょう。

たとえ小さなサイズでも、兜や甲冑のような変わった形の金属ごみには、回収作業員の方にケガをさせてしまうリスクがあります。そのようなリスクを避けるためにも、「五月人形の兜が入っています」などの注意書きの紙を、貼り付けるようにしてください。
遺品整理士黒川
遺品整理士黒川

補足…「庭で燃やす」のはNG

すべて燃やせる素材でできていたとしても、五月人形を庭で燃やすのはNGです。紙のお札のようにすぐ燃えるものではなく、燃え尽きるまでに時間がかかるためです。

  • ご近所に煙や匂いで迷惑をかける可能性が高い
  • 野焼きは条例でも禁止されている

この2点の理由から、特殊なケースでなければ「五月人形を庭で燃やすことはできない」と理解してください。なお、野焼きのルールも含めて、お札などの縁起物を庭で処分するルールについては、下の記事でも詳しく解説しています。

関連記事
遺品整理や生前整理をしていると、お札が出てくることもあります。そのとき「お札はどのように処分すればいいのか」と疑問に思う方は多いでしょう。 神社やお寺に持ち込まなければならないのか? 自分で捨てることはできるのか? 供養...

神社・お寺での供養はどうやる?持ち込み・郵送のやり方や費用を解説

神社

持ち込み…電話で問い合わせ・予約をして直接

五月人形に限らず、人形や位牌などの供養を受け付けている寺社は、電話で申し込みを受け付けています。中には「予約なしでいきなり持ち込んでもいい」という寺社もありますが、ほとんどは事前連絡が必要と考えてください。

僧侶や神官の方が仕事で留守にされることもあるはずなので、お会いできないトラブルを避けるためにも、事前に連絡するべきといえるでしょう。

費用…1体につき2000円程度

回収可能なものを示す画像画像引用元:名古屋天神(下記リンク先と同じ)

持ち込みで供養してもらう場合、費用は人形1体につき、おおよそ2000円前後です。愛知県名古屋市の「名古屋天神・上野天満宮」では、下のような供養料の設定となっています。

ご供養できるものは、ぬいぐるみ・人形・雛人形や五月人形・ランドセル・結納品・お写真などをはじめ思い出が詰まった品々を大切に祈祷供養致します。
(中略)
初穂料
5キロまで。2,000円(1キロ増すことに200円加算させていただきます。ご了承ください。)
※5月1日より3キロまで2000円、以降1キロ増すごとに200円加算に変更せさて頂きます。
人形供養(名古屋天神・上野天満宮)

上の文章のとおり、普通の人形やぬいぐるみだけでなく、五月人形もこの値段で供養してもらえます。神社の供養料は普通のビジネスとは違い、競争原理のようなものはありません。そのため、どこでもおおむね同程度の金額だと考えてください。

郵送…5000~7000円(プラス送料)

宅配便などを使い、人形を郵送して供養してもらうこともできます。この場合、費用は5000円~7000円程度です。これに送料がプラスされるため、1万円は確実に超えると考えてください。

この金額については、下の「高野山・倉留寺」の記述でわかります。

●ひな人形は(飾り付け込みの場合)・・・・・・・1式 7,000円でお受けしております。(何箱でも可)
●特別供養・・・・・・・・・1箱 5,000円でお受けしております。
愛着のある人形、特別な思いのこもった人形につきましては1ヶ月間毎日本堂にてご供養させていただいた後、お焚き上げさせて頂きます。
人形供養(高野山真言宗・倉留寺)

五月人形は中古で売るのもあり!落札・買取価格の相場はいくら?

五月人形

「ある程度価値がありそうな五月人形なので、中古で売りたい」というケースもあるでしょう。ここでは、五月人形を売るときの価格相場を、オークション・業者による買い取りの両方で説明していきます。

ネットオークションでの落札相場

2019年7月下旬時点で、ヤフオクでの落札価格の相場は、種類ごとに下のようになっています。

ガラスケース入り人形 数千円程度
兜飾り 3~4万円程度
鎧飾り 6~7万円程度
希少な人形 15万円程度

「ガラスケース入り」というのは、ピアノや下駄箱の上に飾れるような小さいサイズのものと思ってください。兜飾りや鎧飾りにはさまざまなクオリティがありますが、現時点でのそれぞれの最高価格は、4万円・7万円となっています(ヤフオクでは)。

「希少な人形」とは?

鎧飾り

これはさまざまな条件がありますが、特に高い2つの人形を抜粋すると、下のようなものです。

江戸時代 五月人形 神功皇后 武内宿禰 2体セット 武者人形…15万円
即決!◆ 江戸時代 五月人形 源義経 ◆ 武者人形 大将人形…8万円
「五月人形」の落札価格一覧(Yahoo!オークション)

どちらも江戸時代の人形ということで、相当希少性が高いといえます。逆にいえば、このくらいの希少性があって初めて8万円や15万円で売れるということです。

ただ、これらを上回るレアな人形もあるはずなので、ここでは一番高い例をとりあげて「15万円程度」としました。

中古業者の査定相場

質屋・リサイクルショップ・美術商などの買取業者による査定相場は、オークションよりは安くなると思ってください。オークションはエンドユーザー(買い手)に直接届きますが、中古業者はまだ「そこから買い手を探さなければ行けない」ためです。

中古業者も、おそらく利益率10%程度は確保したいでしょう。運営の経費に10%程度かかるとすると、20%高い値段で買い取る必要があります。そのため、上に書いたオークションの相場より「20%ほど高くなる」と考えるのがいいかと思います。

五月人形の処分はいつすべき?手放す時期の目安は?

五月人形を処分するかどうか決める前に、そもそも「賞味期限」があるのかを知りたいという人もいるでしょう。ここでは、五月人形はいつまで使えるのかという、手放す時期の目安を解説します。

ルール・しきたりは特にない

五月人形は「何年経過したら捨てる」などのルールが特にありません。「子どもに降りかかる災いを一生身代わりになって引き受けてくれるもの」だからです。

そう考えると「ずっと持っていた方がいい」ということになりますが、現代ではそうも行きません。どこかの段階で処分することは重要です。

早めに売却すると状態が良いため高く売れる

手放す時期は決まっていないものの、売るのであれば「早めの方がいい」のは確かです。年代物でも、五月人形は「江戸時代に制作されたもの」などがヤフオクで売られているほどなので、10年や20年古くなった程度では価値が上がることはありません。このあたりは、ワインのような生物との違いです。

古さでは「絶対にかなわない」商品が出回っているわけですから、売値を上げるなら「早い方がいい」ということは意識しておいてください。

生前整理・身辺整理を考える時期なら親子で相談する

家族会議

自らが高齢になった、あるいは親御さんが高齢になったという理由で、生前整理や身辺整理を考えている方も見えるでしょう。こうした整理のついでに五月人形を処分するということであれば、生前整理や身辺整理の業者に相談するのもいい選択肢です。

親御さんご自身の生前整理については、下の記事を参考にしていただけるかと思います。

また、お子さんが親御さんの実家の生前整理をされる場合は下の記事か、「福祉整理」のページを参考になさってみてください。

関連記事
終活という言葉がすっかり定着した現代ですが、まだすべての高齢者の方が終活に取り組んでいるわけではありません。「うちの親は大丈夫だろうか…」「後で困らないように、今のうちから生前整理を進めておきたい」と思っている方は多いか...

五月人形は使い回してもいい?父親からのお下がりはNG?

五月人形

お父さんやお兄さんなどが使用した五月人形があるとき「これは処分しなければいけないのか」「子どもや弟に使いまわしできないか」と考える方も多いでしょう。ここでは、五月人形の使い回しのルールについて説明していきます。

「厄を引き継ぐ」ことになるのでNG

五月人形は「影武者」のようなもの。武将(男の子)に降りかかる災難を引き受けてくれる「身代わり」です。

つまり、親や兄弟が一度使った時点で「すでに厄が染み付いている」といえます。これを使い回すと「厄まで引き継いでしまう」ため、使い回しはNGなのです。

「子供1人につき1体」用意するのが原則

五月人形は、伝統行事のしきたりに従うのであれば「子ども1人につき1体」用意するものです。この理由は上の段落で書いた通り「厄を引き継がない」ためです。

「アート」として楽しむなら気にする必要はない

ここまで書いたしきたりは、絶対的なものではありません。五月人形を外国人のように「鎧アート・人形アート」として楽しむのであれば、厄などを気にする必要はないでしょう。

「アート」として楽しめる土壌が、文化の存続につながる

お面つき兜

しきたりを守ることも大事ですが、何より大事なのは「五月人形の文化が存続すること」です。人形店や工房の職人の方が、このお仕事で生活できる状態が維持されなければいけません。

そのためには「どんな理由であろうと、人形を買ってもらえることが大事」なのです。外国人なら「厄を引き継いでしまうから、子ども1人につき1体買ってください」などと言われたら、怒って買わないでしょう。

「外国人は無視すればいい」というのは、当然間違いです。外国人の人口は日本人の60倍であり、日本人以上に外国人の富裕層の方が、日本文化に強烈な興味を持ってくれることが多いためです。

このような理由から、五月人形のしきたりについては、それほど固く考える必要はないといえます。「インテリアとして甲冑・兜・人形を飾る」という感覚であれば、使い回しでもまったく問題ないでしょう。

このような「縁起」のお話は、遺品の処分でもしばしば課題となります。しかし、故人や神仏が「生きている人に何を望むか」を考えれば、私達がとるべき行動をもっとシンプルに考えられるでしょう。
遺品整理士黒川
遺品整理士黒川

こうした遺品の処分にともなう罪悪感については、下の記事も参考にしていただけるかと思います。

関連記事
ご家族やご親戚など大切な方がなくなったら、遺品の整理をしなくてはなりません。その際、どうしても「捨てるしかない」という遺品も出てきます。 しかし、捨てるしかないとわかっていても「遺品を捨てるのには罪悪感を覚える」という方...

五月人形の寄付はどこならできる?

ダンボールを持つ親子

ボランティアに興味がある方なら「どこかに寄付したい」と考えることもあるでしょう。ここでは、五月人形はどのような場所に寄付できるのかなどの情報をまとめます。

送り先…NGO経由で、海外の学校や文化交流施設など

五月人形の送り先はNPOなどのボランティア団体です。NPO(特定非営利活動法人)・任意団体など形式はさまざまですが、いずれにしても何らかのNGOに送ります。

そこから先は、概ね海外の学校・文化交流施設に送られます。学校や文化施設では、五月人形も含めた日本人形に大きな価値があるためです。

送り方…宅配便・ゆうパックなどを利用(自宅引き取りもあり)

送り方は、基本的にクロネコヤマト・佐川急便・ゆうパックなどの宅配便です。ガラスケースは輸送が難しいため断られることがほとんどと考えてください。

団体によっては自宅まで引き取りに来てくれることもあります。たとえば、NPOのセカンドライフ(法人名・グッドライフ)さんは、公式サイトで下のように書かれています。

指定日にご自宅まで、人形の引取便を手配します。持込も可能です。
人形の寄付(セカンドライフ)

このような団体が近くにある場合は、特に寄付をしやすいといえるでしょう。

条件…どんな人形なら受け付けてもらえる?

これは団体によりますが「明らかに捨てたいだけ」というものは、受け付けてもらえないでしょう。

  • ある程度状態がいい
  • もともとのクオリティが高い

この両方の条件は満たしている必要があります。受け付けてもらえるか心配な場合は、送る予定の団体に電話で問い合わせるのがいいでしょう。おそらく、メールで写真などを送り、受け付けできるかを判断してもらうことになるかと思います。

五月人形はリメイクもあり!修理・リサイズのやり方のまとめ

兜と刀

古くなった五月人形があるとき「処分するか、直して使うか」と考えるご家庭も多いでしょう。ここで「直すとしたらどのような選択肢があるか」という参考として、五月人形のリメイク方法を解説していきます。

壊れた部分を工房・人形店で修理してもらう

下のように「五月人形が部分的に壊れている」ということもあるでしょう。

  • 人形の首が取れている・折れている
  • 弓矢や兜の角が折れてしまった
  • 人形の肌や服、甲冑に汚れがついてしまった

他にもさまざまな破損や汚れが考えられますが、「これさえ直せればまだ使いたい」ということもあるかと思います。そのようなときは、人形店や人形工房の修理に出すようにしましょう。

修理の費用相場は?

これは完全に千差万別です。そもそも人形の値段自体がピンからキリまであることに加え、破損の状況もまったく違うためです。人形をその店舗で購入したかどうかなどの諸条件でも変わります。

ただ、大手の人形店であればクレジットカードでの支払いなどにも対応しており、手持ちのお金が少ないときでも修理を依頼できます。五月人形を直して使おうと考えるほどの余裕のあるご家庭であれば、費用についてはさほど心配することはないといえるでしょう。

甲冑部分を捨てて兜だけ残す

兜

甲冑の全体が揃っている五月人形は非常に迫力があり美しいもの。しかし、相当なスペースが必要となり、メンテナンスの手間もかかるため、マンション暮らしなどでは処分せざるを得ないこともあるでしょう。

そのようなとき「甲冑は処分して兜だけ残す」というパターンが多く見られます。「甲冑だけで売ったら価値が落ちるのではないか?」と思うかもしれませんが、そうでもありません。

  • 職人なら、それに合う兜を用意できる
  • 兜だけ持っている人が、合う甲冑を買いたがることもある

このように、職人・一般人の両方から需要があるためです。このため、甲冑だけでも売ることができます。処分するにはあまりにも高額でもったいないため、必ず複数の人形店や質屋などから査定を受け、売却するようにしましょう。

狭くて飾る場所がないならリサイズがおすすめ

三段飾り

これは雛人形でも同じですが「狭くて飾るスペースがない」というときは、リサイズが人気です。人形自体に手を加えることはほとんどなく「段組みなどの構成を変えて、狭いスペースでも飾れるようにする」というやり方です。

五月人形もひな人形と同じく「二段飾り・三段飾り」などの段飾りがあります。この段数を減らす、横幅を狭くするなどの調整をするわけです。五月人形は雛人形のように「七段」などの段飾りはなく、段数が多いものでも三段が主流となります。

そのため、リサイズのニーズは雛人形ほどはありません。しかし、三段で横幅の広い五月人形などを持っているご家庭では、リサイズを検討してみるのもいいでしょう。

(なお、先に書いた「甲冑を捨てて兜だけ残す」というやり方も、ある意味リサイズといえます)

【都道府県別】五月人形の処分を受け付けている寺社・団体

日本地図

五月人形を寺社などに持ち込むとき「自分の都道府県ではどこに持ち込めばいいのか」という点が気になるでしょう。ここでは、47都道府県のすべてで「五月人形の処分と供養を受け付けている寺社・団体」を紹介します。

2019年7月下旬時点の情報のため、最新の情報は変化している可能性もあります。しかし、人形供養の受け付けの可否は短期間で変更される類のルールではないため、紹介している場所ではおおむね受け付けていただけると考えてください。

もちろん、実際の持ち込みの前に、必ずそれぞれの場所の電話番号を確認し、問い合わせや予約をしてから持ち込むようにしていただけたらと思います。

エリア一覧

北海道東北関東首都圏北陸甲信越東海近畿中国四国九州沖縄

北海道

北海道

北海道はもともとアイヌの土地だったこともあり、神社は他の都道府県と比較すると少なめになっています。「北海道 神社」と検索すると「少ない」というキーワードが候補で出てくるほどです。

それでも面積が広く、人口もそれに比例して多いため、五月人形の処分を受け付けている神社もある程度見つかります。その一部を書き出すと下の3カ所があります。

  • 清田稲荷神社
  • 旭川神社
  • 西野神社

その他の北海道の特徴としては、海を超えると送料が高くなる点にあります。これは日頃のネット通販などでも実感している人が多いでしょう。五月人形の中でも特に大型の物になると、リサイクル販売の対象は、道内がメインの市場となります。

東北

東北

東北は日本全体の中でも特に人形の生産が盛んなエリアです。こけしは日本の伝統文化と思っている方が多いでしょうが、実は江戸時代の後期に宮城県を中心とした東北地方で生まれたものです。東北地方に多数ある温泉地の土産物として広まり、大正時代には日本全国に定着しました。

そのような人形の産地であるため、五月人形や雛人形を回収する文化も他地域に比べて盛んであるといえます。各県で下のような場所が回収・供養をしています。

青森県 廣田神社/善知鳥神社/貞昌寺
岩手県 志賀理和気神社(赤石神社)/花巻葬祭センター
宮城県 成田山国分寺/玉秀寺
秋田県 太平山三吉神社総本宮/桂清水神社/秋田人形会館・草園創作工房/北秋田葬祭センター
山形県 長岡観音・長念寺/荘内神社
福島県 御嶽山神社/無量山光明院 阿弥陀寺/白河・鹿嶋神社/人形の東月/フタバ装飾

人形の産地ということで工房もありますが、工房では供養だけでなく、「リメイクして新たな人形としてよみがえらせる」などの道も探ってもらえるでしょう。特に愛着のある五月人形の場合、そのような工房に持ち込むのがいいかもしれません。

関東

関東

首都圏は人形を処分できる場所も多いため、関東の中でも下記の3県と首都圏の4都県を分けています。関東エリアは日光東照宮や冨士浅間神社など、全国的に有名な寺社が多くある地域です。昔から鎌倉や江戸など、幕府がおかれている場所から「適度に離れていた」ということも、理由の1つでしょう。

そんな関東の3県ですが、それぞれ下の場所で五月人形の処分・供養を依頼できます。

群馬県 観昌寺/玉村八幡宮/水澤寺/富士浅間神社/妙義観音
茨城県 久昌寺/牛久成田山 真浄寺/桂岸寺/結城諏訪神社/鹿鳴三嶋神社/昌松寺/照谷寺/大宝八幡宮/日蓮宗 妙典教会
栃木県 お人形お炊き上げ実行委員会/金蔵院/人形の吉貞/尊星王院/大沼田山 萬福寺/東海寺

栃木県の「お人形お炊き上げ~」というのが気になる人もいるでしょう。これは1998年から継続して開催されている、歴史のある供養祭です。毎年2月末頃に開催されますが、タイミングが合えばこのような供養祭に持ち込むのもいいでしょう。

首都圏

首都圏

人口が多い首都圏では、五月人形の処分・供養のニーズも多くあります。そのため、お焚き上げや不用品の回収業者などで、受け付けているところが多数存在します(弊社もその1社です)。

そうした「企業系」を入れると膨大な数になるため、首都圏では神社・お寺・供養祭のみにしぼって紹介させていただきます。

東京都 慈恵院/上野(寛永寺)清水観音堂/多摩堂/本寿院/明治神宮
埼玉県 越谷香取神社/岩槻人形供養祭/旗下山 慈眼寺/広徳寺/所澤神明社/勝願寺/正覚寺/草加神社/地蔵院/天照寺/蓮浄院
千葉県 千葉千手観音・妙泉寺/智弘院/天皇家勅願寺・長福寿寺/本光寺
神奈川県 旭鎮守 八幡神社/円宗院/横浜成田山/横浜立江寺/寒川神社/琴平神社/七沢観音寺/春日神社/人形供養・花月堂/泰心寺/長谷寺曹洞宗/鶴嶺八幡宮/東光寺/保土ヶ谷・神明社/本覚寺/満福寺

文化は都会で発展しやすいものですが、人形も例外ではありません。首都圏では江戸時代から特に人形文化が発達し、江戸木目込人形・岩槻人形・江戸節句人形などが生まれました。五月人形も、全体的には江戸節句人形の一部です。

岩槻人形は、弊社・みらいプロセスも本社を置いている埼玉県さいたま市で生産されている、当地の名産品です。

北陸

北陸

北陸は九谷焼・輪島塗・加賀友禅など、多くの伝統工芸品を生んだ土地です。その技術は人形の生産でも生かされており、特に加賀百万石の時代に栄えた石川県では、人形の工房も比較的多く見られます。

五月人形の供養を受け付けているところは工房よりも寺社が中心となりますが、それぞれの県で下のような場所があげられます。

富山県 高瀬神社/姉倉比賣神社/射水神社/蓮王寺
石川県 曹洞宗・高安軒/鬼子母神・真成寺/本折日吉神社/安江住吉神社/ハートフル人形供養祭
福井県 足羽神社・人形の孫いち

最後の「人形の孫いち」は創業70年の老舗で、北陸最大級の品揃えを誇っています。人形修理のサービスも提供していますが、長年蓄積された技術から、修理のレベルも高いと期待できます。「修理すれば使えそう」という五月人形の場合、こうした人形修理に対応している老舗の店舗に持ち込むことも、検討してみるといいかもしれません。

甲信越

甲信越

甲信越エリアは、小千谷縮(ちぢみ)・松本家具・信州紬(つむぎ)などの伝統工芸で知られる地域です。寺社についていえば、長野の善光寺や武田信玄由来の武田神社・諏訪神社など、全国的に有名なスポットも多くあります。

その甲信越の中で、五月人形の処分を受け付けている場所をまとめると、下記の通りです。

新潟県 御嶽山神社/新潟縣護國神社/諏訪神社/千手観音・千蔵院/白山神社
山梨県 浄土の里/日蓮宗総本山 身延山久遠寺/武田神社/法光山 妙圓寺
長野県 JA虹のホール/円光寺/海禅寺/高砂通り人形供養祭/善光寺/長谷寺/武運濃神社

特に目立つのはJA虹のホールでしょう。JA虹のホールは他県にも多数存在しますが、長野県の施設ではペット供養や人形供養など、さまざまな供養を引き受けています。同ホールでは定期的に人形供養祭も開いており、そのタイミングで出すことも可能です。

東海

東海

東海地方は、特に静岡県が全国的な人形の産地として有名です。同県では駿河雛人形・駿河雛具が生産されています。

特に個性的なのは「駿河雛具」で、文字通り「ひな人形の道具」です。通常の人形生産は、お内裏様やお雛様などの「人間」を作ります。しかし、駿河雛具では、人形の周辺のタンスや鏡台などの「小物」を作るのです。

いわば、シルバニアファミリーの「家具」のようなものですが、これは他の名産地には見られない独特の文化といえるでしょう。そんな静岡県を中心に、東海地方では下のように多くの場所で五月人形の供養・処分を受け付けています。

静岡県 遠州信貴山/岩水寺/三明寺/東泉寺/一乗寺/感應寺/誓欣院/鴨江観音/峰本院/諏訪神社 五社神社/静岡浅間神社/高木人形/静岡人形供養祭
愛知県 伊奴神社/伊文神社/吉浜人形/山田天満宮/上野天満宮/祖父江・善光寺東海別院/大社神社/大樹寺/大須観音/大法寺/鳥羽神明社/日吉神社/八幡社/妙福寺/林昌寺
岐阜県 セレモニーホール野々村/関善光寺/三仙院/人形の大峰/清昌寺/南林寺/美江寺観音
三重県 祈願だるま寺 江西寺/結城神社/聖宝寺/青蓮寺/千手院賢明寺/大東山供養院/尾鷲神社

なお、静岡県で人形づくりが盛んになったのは、戦前の関東大震災の際、被災した職人が東京から大量に移住してきたためです。被災はもちろん不幸なことですが、結果的にそれが新しい土地で、新しい文化を生み出すことになったともいえます。

近畿

近畿

京都・奈良が存在する近畿エリアは、想像の通り人形の名産地でもあります。あらゆる伝統工芸の分野で、近畿地方には何かしら「トップレベル」のブランドが存在します。人形に関しては「京人形」がそれです。

京人形は主に雛人形で武者人形である五月人形は少なめですが、そのような特徴にも土地柄が現れています。そんな京都を含めた近畿地方では、下のような場所で五月人形の供養・処分をできます。

滋賀県 圓満院門跡/西教寺/大徳寺
京都府 粟嶋堂宗徳寺/観音寺/日蓮宗妙行寺/宝鏡寺門跡/法輪寺/隣華院
大阪府 玉圓寺/四天王寺/勝尾寺/正覚山 福成寺/泰然寺/天神社/涌泉寺/祐照寺/佛道寺
奈良県 セレモニーホール有宏社/阿弥陀寺/安養寺/正暦寺
和歌山県 童楽寺/加太淡嶋神社/八立稲神社
兵庫県 円光寺/行法山妙泉寺/須佐男神社/宅原寺/東光寺/日蓮宗丹波篠山妙福寺/有間神社

基本的に、ある程度の規模のお寺や神社であれば、五月人形の供養は受け付けているものです。そのため、寺社が多い奈良・京都では、上記以外でもかなり多くの場所で供養を依頼できると考えてください。

中国

中国

中国地方は、備前焼・石見焼・熊野筆・広島仏壇など、多くの伝統工芸が発展した地域です。このため、歴史の長い人形店や工房も含めて、下のような場所で五月人形の処分を受け付けています。

鳥取県 摩尼寺/人形のはなふさ/人形のウエダ
島根県 出雲厄除け大師 倉留寺/子安寺/一畑薬師
岡山県 浄土宗特別寺院 美作 誕生寺/倉敷由加山 厄除け総本山由加神社本宮/地蔵院/不洗観音寺/本宮山 圓城寺
広島県 人形の藤娘/正法寺/多聞院/大山神社
山口県 宇部護国神社/大進/白崎八幡宮/防府天満宮/閼伽井坊(あかいぼう)

また、中国地方は出雲大社・厳島神社など、全国でもトップレベルの知名度を誇る神社が存在する土地でもあります。このように神社信仰が盛んで大規模な神社も多い土地であるため、五月人形を供養できるところも比較的多いといえるでしょう。

四国

四国

讃岐うどんや愛媛のみかんなど、全国的に人気の食べ物の名産が多い四国エリア。伝統工芸でも砥部焼・大谷焼・丸亀うちわなどの名産品が多くあります。丸亀は香川県のため、うどんの「丸亀製麺」が生まれた土地でもありますが、うちわの生産でも有名なのです。

そのように伝統工芸の盛んな四国ですが、五月人形については下の場所で供養や処分に対応しています。

徳島県 日和佐八幡神社/阿波勝浦ビッグひな祭り
香川県 國分八幡宮/田村神社/金倉寺/ちきり神社
高知県 高知県神道青年会/大元寺/高知県神社庁
愛媛県 成願寺/三浦屋人形店/大山祇神社

徳島県の「阿波勝浦ビッグひな祭り」は、文字通り五月人形ではなく三月人形(ひな人形)のイベントです。しかし、人形自体の処分を受け付けているため、金太郎などの五月人形であれば、受け付けてもらえる可能性が高いでしょう。甲冑などは少々難しい恐れがあります。

イベントでの供養の受付は毎年ルールが異なる可能性があるため、事前に確認してから持ち込むようにしてください。

九州

九州

九州も人形の生産がさかんな地域で、特に博多人形は江戸時代から人気があります。もともと17世紀に、瓦などの焼き物を作っていた職人たちが、人形も手がけるようになったのが始まりとされているものです。

そのような独自の人形文化も持っている土地であるため、人形の供養祭・感謝祭も多く開催されています。そうしたお祭りも含め、九州地方で五月人形の処分をできる場所は下の通りです。

福岡県 雛の里・八女ぼんぼりまつり おひなさま供養祭/祥勝院/めかり神社/長清寺/筑前人形感謝祭/あしや人形感謝祭/人形仏壇供養堂(九州もんじゅ会)/人形の田中/花水木
佐賀県 佐嘉神社境内 松原恵比須社/鏡神社/JA伊万里
長崎県 人形のたていわ/筑前人形感謝祭
熊本県 落合葬儀社/本妙寺/粟嶋神社
大分県 コープ葬祭おおいた/松屋/城下町杵築散策とひなめぐり/龍源寺
宮崎県 お人形のわらべ/神柱宮 祖霊殿瑞光苑/立正寺/龍昇院
鹿児島県 金照寺/鹿児島県JA葬祭チェーン/人形のはかたや/転法輪寺

各地で「筑前人形感謝祭」というものがありますが、「筑前人形」という人形のジャンルではなく「筑前の人形祭」というイベントの名前です。九州地方は他のエリアと比べて、人形祭や人形店による供養の受け付けが、比較的多いといえます。

沖縄

沖縄

沖縄には琉球神道という独自の神道があり、神社のスタイルが本州とは大きく異なっています。仏教は本州から入ったためスタイルは似ていますが、お寺の数は少ないという印象です。

そのような沖縄の寺社の状況ですが、來寶山の勝龍寺など、人形供養を積極的に受け付けているところもあります。その他の寺社については情報が少ないものの、直接問い合わせればOKということも多いでしょう。現時点でWEB上に情報があるのは、主に下の2ヶ所です。

  • JAおきなわ
  • 來寶山 勝龍寺

神社・お寺が少ない地域のため、特にJAおきなわの人形供養は便利だといえます。定期的に開催される人形供養祭では、1体100円で供養してもらえます。

まとめ

遺品整理業者のイメージ

五月人形のような縁起物では、処分するときの供養がカギとなります。弊社・みらいプロセスでは遺品・不用品の合同供養をすべて無料で承っているため、この点でもご依頼いただくメリットがございます。

  • 兜飾り・鎧飾りなどの大物を買い取りに出したいとき
  • 遺品整理・生前整理などを同時に依頼したいとき

これらのケースでは、ぜひ弊社にお気軽に問い合わせいただけたらと思います。五月人形の買い取りから遺品整理・生前整理まで、どのようなことでもご遠慮なくお尋ねくださいませ。

弊社スタッフ一同、皆様のお役に立てることを心よりお祈りいたしております。

遺品整理のみらいプロセスの対応エリア

area__map-banner

遺品整理みらいプロセス にお任せください

遺品整理みらいプロセスは、埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理、生前整理なら即日にお伺い出来ます。お急ぎの方、現場にはいけない遠方の方など、是非ご相談下さい。

※順次エリア拡大中ですが、一部対応できない地域もあります

遺品整理の関連記事こちらの記事もよく読まれています

2019-07-22

実家の荷物の処分は業者に依頼すべき?料金相場や選び方をプロが解説!

遺品整理や生前整理など、実家の荷物の処分が必要になるケースは多くあります。そのとき、多くの人が知りたいのは下のような点でしょう。 自分でやるべきか、業者に依頼すべきか 「一部のサービスだけ」業者に依頼できるか 費用はどれ…

2019-06-22

遺品整理は四十九日の前後、どっちがいい?ベストの片付け時期をプロが解説!

遺品整理は通常の仕事と違い「故人への追悼の念」が絡むもの。このため、行う時期についても四十九日などの節目を意識する人が多いでしょう。 四十九日より前は、やらない方がいいか 逆に、四十九日までにやった方がいいのか 初七日な…

2019-06-20

遺品整理後の部屋のお祓いは必要なケースは?供養との違い・依頼先の選び方をプロが解説!

遺品整理の現場では、供養だけでなく「部屋のお祓い」をすることがしばしばあります。ご自身が関わる遺品整理で「うちもお祓いをした方がいいのか」と疑問に思う方は少なくないでしょう。 どのようなケースで必要なのか なぜ必要なのか…

遺品整理で親族同士がもめる?トラブルの理由や予防法
2019-06-19

遺品整理で親族同士がもめる?トラブルの理由や予防法は?

遺品整理のやり方を間違えると、親族同士でもめてしまってトラブルに発展してしまうことがあります。そのため、遺品整理をしていくにあたって、親族同士でトラブルになりたくなければ、そのトラブルの理由や具体的な予防法について把握し…

2019-06-17

遺品を売ると税金がかかる?課税の条件・注意点・節税のポイントをプロが解説!

当然ながら、遺品のすべてを遺族が引き取ることはできません。いくつかの遺品は売るか、供養した後に処分することになります。 前者の「売る」という選択をしたとき、気になるのは「売って得たお金に税金はかかるのか」ということでしょ…

2019-06-17

故人の銀行口座の手続きは何をする?凍結・解約のやり方&必要書類をプロが解説!

大切な方が亡くなった後は、遺品の整理だけでなく、多くの手続きも必要。その中でも特に重要なのが「銀行口座の手続き」です。 まず、どんな手続きをするのか 凍結が必要と聞いたが、どうやるのか 解約はどうすればいいのか このよう…

ctaFooter__copy-sub

TEL:0120-543-0840120-543-084
無料見積もりはこちら 24時間相談受付中
ctaFooter__hito