ゴミ屋敷の清掃(掃除)業者の選び方と費用相場

ゴミ屋敷の清掃は自力では難しいもの。「専門の業者に清掃を依頼しよう」と考えている人もいるでしょう。そのとき、多くの人が気になるのは下のような点ではないかと思います。

  • どのように業者を選べばいいのか
  • 費用の相場はどのくらいなのか
  • 選ぶときの注意点はあるか

また、疑問点とは別に「ゴミ屋敷を見られるのが恥ずかしい…」という気持ちもあるかもしれません。ここではこのような悩みや疑問が解決するよう、ゴミ屋敷の清掃・掃除を業者に依頼するときに役立つ知識をまとめていきます。

ゴミ屋敷の問題を解決したいと考えている方には、きっと参考にしていただけるでしょう。

ゴミ屋敷の片付け業者の選び方・4つのポイント

制服の業者

何かを業者に依頼するときは、その分野の業者の選び方を知っておくことが不可欠です。ここでは、ゴミ屋敷の片付け業者の選び方を解説します。

料金(安さの理由も調べる)

料金が安いことは、どんなサービスでもやはり重要な要素です。ただし、当然ながら「安かろう、悪かろう」のサービスでは意味がありません。

業者のホームページをチェックし「なぜその低価格でサービスできるのか」という理由も調べる必要があります。ビジネスである以上「理由もなく安い」ということはあり得ません。「理由があって安い」業者のみを選ぶようにしましょう。

サービス内容(基本料金でどんなサービスがあるか)

たとえ料金が安くても、その料金の中に含まれるサービスが少ないようでは意味がありません。そのため、金額だけでなく「基本料金でどこまでサービスしてくれるか」も確認する必要があります。

たとえばゴミ屋敷の清掃では「片付けは基本料金に含まれる」「消臭は含まれない」ということも多いものです。このような詳細を確認した上で、コスパを判断するようにしましょう。

スタッフの質(遺品整理士などの有資格者がいるか)

ポイント

ゴミ屋敷の清掃は「誰がやっても同じ」ではありません。通常の清掃ではほとんど要求されない、下のようなスキルが必要となるためです。

  • ゴキブリ・ハエなどの殺虫技術
  • 生ゴミなどの異臭に対する消臭技術
  • 足の踏み場のない状況で、大量のゴミを片付けるスキル
  • 近所に臭いが漏れないよう、窓を閉めたまま作業する忍耐力
  • 腐敗したゴミを適切に処分する事後処理能力

上記はあくまで一例ですが「普通の清掃より圧倒的に難しい」ことを実感していただけるでしょう。このような高度な作業をする以上、「ただのアルバイト」では難しいのです。

そして、その難しい仕事をこなせるスタッフであるかを判断する基準の一つが、関連資格を持っているかどうかです。たとえば遺品整理士などの資格ですが、こうした有資格者が在籍している業者は信頼性が高いといえるでしょう。

法人の質(優良事業所認定・古物商許可の有無など)

スタッフだけでなく、その法人自体の質も重要です。具体的には、下のような条件を満たしていれば信用に値するといえます。

  • 優良事業所認定を受けている
  • 古物商許可証などの免許を持っている
  • 関連団体から感謝状などを受けている

もちろん、上記は免許の番号などで、客観的に証明できる内容でなければなりません。これらの認定等の有無を証明できる法人は信頼できるといえます。

法人でなく個人事業主の場合は信頼性が低い

法人でなく個人事業主としてゴミ屋敷の掃除を引き受けている業者も存在します。こうした形態も悪くはないのですが、基本的には法人を信頼すべきです。

法人が個人事業より信頼できる理由は、一覧にすると下記のようになります。

  • 評判のいい業者なら依頼が多いため、節税の観点から法人化が必要になる
  • 法人化にはそれなりの財力や実務能力が必要であり、そうした能力のある業者だとわかる
  • 法人化には手間と労力が必要であり、覚悟を持ってゴミ屋敷の清掃に取り組んでいるとわかる
  • 法人は、本店所在地はもちろん代表者の住所まで公開情報となるため、いい加減なサービスをできない
  • 銀行などによる「反社チェック」が厳しくなるため、反社会勢力でない可能性が高くなる

このように、あらゆる面で「法人の方が断然信用できる」のです。実際、皆さんがゴミ屋敷の

ゴミ屋敷の清掃業者の料金・費用の相場は?

費用

費用項目(何にお金がかかるのか)

ゴミ屋敷の清掃業者に払う費用を比較するときは、「そもそも何に費用がかかるのか」も知っておく必要があります。ゴミ屋敷の清掃費用には、下のようなものが含まれています。

  • 車両費
  • 人件費
  • 処分費

以下、それぞれの費用について詳しく解説していきます。

車両費

ゴミを運搬するためのトラックの費用です。ガソリン代や有料道路の使用料金なども含まれます。車両のサイズ別の目安を書くと、おおむね下記の通りです。

軽トラック 3000円~5000円
1トントラック 5000円~1万円
2トントラック 1万円~1万5000円

あくまで大雑把な目安ですが「車両だけで大体このくらい」と思ってください。なお、この料金はそれぞれの車両を自分でレンタルするよりも安い価格です。

ガソリン代や有料道路の料金については、言うまでもなく近場の業者ほど安くなります。つまり、近場の業者は同じ料金でいいサービスを受けやすくなるわけです。近さがすべてではありませんが、ある程度重要な要素と考えてください。
遺品整理士黒川
遺品整理士黒川

人件費

遺品整理の作業

作業スタッフの人件費は、1人あたり1万円~1万5000円が目安となります。これについて「半日程度の作業でこれは高い」と思う人もいるかもしれません。

しかし、ゴミ屋敷の清掃はゴミを持ち帰った後の分別や処分にも時間がかかるものです。どのくらいかかるかはゴミの内容にもよりますが、半日で回収したものは、整理・処分にも半日かかることが多いといえます。

事業用のゴミはクリーンセンターに搬入しなければならない

ゴミ屋敷の清掃も含め、事業で出たゴミは「普通のゴミとして捨てる」ことができません。必ず直接、地域のクリーンセンターに持ち込む必要があります。

その運搬の時間を入れると「半日の回収作業なら、トータルで1日分に相当する」というのは、理解していただけるでしょう。そして、日本人の平均年収から考えたら、1人あたり1万円~1万5000円という人件費は妥当なものなのです。

(もっと安くしてほしいというお気持ちも理解できますが、それではサービスの質が下がっていくばかりです。最終的には安さと質のバランスで、今の相場に落ち着いていると考えてください)

処分費

これは回収したゴミを処分するのにかかる費用です。この金額はゴミの量や内容によって変わります。作業時間単位で計算することが多く、基本的には1時間あたり1万2000円~2万円程度と考えてください。

特殊清掃ならさらに高くなる

上記は「普通のゴミ屋敷」の場合です。故人の孤独死・突然死、あるいは自死などが起きた現場での特殊清掃は、さらに金額が高くなります。故人の体液が染み付いた布団などは、通常の方法では処分出来ないためです。

間取り別・基本料金の目安金額

間取り図

料金の相場は、業者によって千差万別です。弊社・みらいプロセスの場合は、通常の遺品整理の料金が、間取りごとに下の表のようになっています。

(これはあくまで「通常の遺品整理」のため、ゴミ屋敷の状態によって料金が加算されるとお考えください)

1K 24,000円~
1DK 54,000円~
1LDK 69,000円~
2DK 99,000円~
2LDK 119,000円~
3DK 139,000円~
3LDK 149,000円~

どのくらいの加算になるかは、実際にお見積りをしてみて初めてわかります。これはどの業者にご依頼いただく場合でも同じです。

ゴミ屋敷といっても、「床が埋まっている」というレベルと「天井近くまで積もっている」というレベルでは、文字通り天と地(床)ほどの差があるためです。

ハウスクリーニング(オプション)の料金目安

ゴミ屋敷の掃除を遺品整理の業者に依頼する場合、基本料金に加えて「ハウスクリーニングの料金」が必要になることもあります。その料金の目安をまとめると下の表の通りです。

1DK・1LDK 24,000円~
2LDK・3DK 39,000円~
3LDK・4LDK 59,000円~

上記はあくまで目安であり、弊社・みらいプロセスの料金設定です。弊社は関東エリアでは最安値保証を宣言しており、一般的にはもう少し高くなるとお考えください。

ハウスクリーニングに含まれるサービス内容

上記の金額で「どんなサービスをしてもらえるのか」も気になるでしょう。これは業者によって異なりますが、特殊な薬品や道具を用いて、状況に応じた徹底清掃を行います。

噴射器などを使い、通常の道具では届かない部分に対しても清掃を行うため、清掃としては最上級の内容になると思ってください。ハウスクリーニングでも取れない汚れや臭いについては、リフォームや消臭工事などが必要になります。

ゴミ屋敷の清掃を業者に頼むときの注意点・3つ

「激安・格安」の理由がない業者は避ける

これは「選び方」でも説明した内容ですが、特に重要なポイントなので再度説明します。ゴミ屋敷の清掃業者でも「激安・格安」「地域最安値」などをうたう業者は多く存在するものです。

低価格でサービスをするのはいいことですが、その安さに理由がなければいけません。事業である以上「理由なしに安くする」ことはできないのです。

このため、理由がなく安い業者は避けるようにしましょう。

どのような理由であればいいのか?

これはケースバイケースですが、一般的には下のような理由があれば安心といえます。

  • さまざまな経費を節減している
  • 最寄りの営業所から出張するため、交通費・作業時間を削減できる
  • 少数精鋭のスタッフで活動しているため、人件費が少ない
  • CMなどの広告宣伝費を使っていない
  • 事務所にお金をかけていない

あくまで一例ではありますが、上記のような「安さの理由」が明記されており、それが納得のいくものであれば、その業者は信頼できるでしょう。

業者の口コミ・評判を事前に調べる

パソコンを見る主婦

当たり前のことですが、Webに疎い高齢者の方などは、これを避けてしまいがちです。また、毎日の仕事が忙しくてゴミ屋敷状態になってしまっている方なども、クチコミを精査しないで依頼してしまう傾向が見られます。

「少し悪い口コミがある」だけなら良い

口コミや評判を調べるといっても、悪い内容が少しでもあったらダメということではありません。誰もが知っている大企業やメガバンクでも、悪い評判や黒い噂の1つや2つはあるものです(たとえば、とある大銀行は一時期、反社会勢力とつながりがあったことで知られています)。

完全無欠な業者というのは、どんな分野でも存在しません。どんな優秀なスタッフでも失敗するときはありますし、そのときに不満を持たれたお客様によって、悪い口コミが書かれているということもあります。

人間は「いい口コミ」はあまり書かない

これは日常生活を振り返っても実感できるかと思いますが、人間はあまり「いい口コミ」を書きません。満足したときは、わざわざ労力をかけて口コミを書くということを考えないためです。

SNSをやっている人なら「自分の生活を自慢するため」「アクセスを集めるため」などの目的で、いい口コミを投稿することもあるでしょう。しかし、ゴミ屋敷の片付けは、そのように共有されることが少ないテーマです。

自虐ネタでアクセスを集めようとする「ネット芸人」のような方を除けば、わざわざゴミ屋敷の片付けを依頼したことを、SNSで共有するようなことはないでしょう。つまり、ゴミ屋敷の清掃業者について「いい口コミ」は、あまり表に出てこないのです。

そして、怒ったときだけは、人はそれを拡散しようとするものです。怒りは満足よりも「行動につながるアドレナリンが出る感情」だからです(満足するとこれが出ません)。

このような理由から、業者の口コミは「実情よりも悪いものが多くなる」と考えてください。そのため、少し悪い口コミがあるだけなら問題はなく「全体的に悪い口コミが多い」というときのみ、警戒するようにしましょう。

複数社の見積もりをとって比較する

比較

どんなサービスを業者に依頼するときも、複数社を比較するのが鉄則です。これは、どんなビジネスも「競争によってより良いものになってきた」ことを考えれば、当然といえるでしょう。

複数社からの見積もりをとるのは、お客様の側にも労力が必要となります。そのため「適当に1社で決めたい」という気持ちも自然といえるでしょう。

それでも、ゴミ屋敷の掃除は高ければ10万円~20万円以上することもある「大きな買い物」です。そのような支出を相見積もりなしで適当に決めることは、危険といわざるを得ません。

どの業者でも電話・メールで無料見積ができる

今の時代は、どのゴミ屋敷の清掃業者でも、電話とメールの両方で無料の見積もりができるようになっています。ごく稀に見積もりから有料のところもありますが、極めて少数派といえます。

見積もりは情報を伝えるだけの簡易査定(机上査定)と、現地を実際に見てから出す本査定(訪問査定)では、価格が異なるものです。そのため、簡易査定の段階で絞り込んだ後、さらに本査定でも数社から絞るようにしましょう。

そう考えると、簡易査定の段階で5~6社程度の見積もりをとるべきだといえます。

一括査定のサービスもありますが、優良業者のすべてが一括査定に登録しているわけではありません。一括査定を使う場合であっても、近所の業者を自らピックアップし、見積もりをとるべきだといえます。
遺品整理士黒川
遺品整理士黒川

ゴミ屋敷の掃除を業者に頼むのは恥ずかしい?

ゴミ屋敷

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼しようと考えても「恥ずかしい」という気持ちで躊躇してしまうこともあるでしょう。しかし、業者にゴミ屋敷の掃除を依頼することは、決して恥ずかしいことではありません。ここではそう言える理由を解説します。

近所にはバレないので安心

どの業者でも、ゴミ屋敷の清掃は「ご近所にバレないように」行います。もちろん「バレてもまったく問題ない」「すでにバレている」という場合は、このあたりに特別気を遣うことはありません。気を遣わずに作業に集中する方が早く終わるため、そのときはスピード重視の作業をします。

しかし、そうでなく「バレないようにしたい」という場合は、バレないことを最優先とします。特に臭いが外に漏れることは苦情につながるため、窓を開けずに作業するなどの方法で、対策を施しながら作業するものです。

このように「バレずにゴミ屋敷を片付ける」というのは、プロでしかできない状況が多いものです。プロですら不可能ということもありますが、少なくとも一般の方よりは経験・スキル・道具を豊富に持っているため、断然有利といえます。
遺品整理士黒川
遺品整理士黒川

ゴミの運搬もバレない工夫をするので安心

ゴミの運搬についても、ダンボールで隠すなどの方法で、バレない工夫をするので心配不要です。マンションについては、建物の前にトラックが止まっていても、誰が依頼したものかわからないので、これ自体は問題ありません(もちろん、交通の邪魔にならないようにします)。

トラックからゴミ屋敷の清掃であることはバレませんし、マンションの廊下や階段でゴミを運ぶときも、ダンボールなどで隠しているためわからないということです。アパートは戸数が少ないため「どこの家か」はわかってしまうかもしれません。

しかし、戸数が少ない分「それを見る住民の人も少ない」ので、やはりバレる確率は低いものです。バレても「何か大掃除を依頼した」ことがバレるのみで、ゴミ屋敷だったとまではバレません(臭いも外に出ないようにするため)。

業者が依頼者を悪く思うことは当然ない

業者

「清掃会社のスタッフに悪く思われることが恥ずかしい」という心配もあるかもしれません。しかし、遺品整理の業者も含め、お客様のことをそのように思うスタッフや会社は、普通は存在しないものです。

もちろん、中にはそのようなスタッフや会社も存在するでしょう。しかし、それは見積もり時の態度やホームページの文章などである程度わかるものです。

少なくとも弊社を含め大部分の業者は、お客様のことを悪く思うことなどは一切ございません。このようなことを気にしていたら「歯医者さんは患者を悪く思っているのではないか」「介護スタッフは老人のことを悪く思っているのではないか」など、すべてのことを気にしなくてはいけなくなります。

そうなると、ゴミ屋敷の清掃の依頼に限らず、社会で生きていくこと自体が難しくなるでしょう。実際、そのような疑心暗鬼状態に陥っている方も存在します。

最終的には、どんなお店のどんなサービスを使うにしても「相手を信用する」しかありません。

  • お客さんを悪くいうような従業員も確かに存在する
  • しかし、ほとんどはそのような人ではない
  • また、そのような従業員や会社は、彼ら自身の人生がうまく行っていない
  • だから相手にする必要はない
  • 正しい人や良い人に好かれることを考えるべきである

精神的な話になりますが、最終的には上記のように考えることがすべてだといえるでしょう。繰り返しますが、このような考えを持たなければ、歯医者さんでも何でも、人に頼ることができなくなるのです。

ゴミ屋敷状態を脱することは、とてもいいことです。依頼する行動力や費用があるだけでも、それができない状態の方より、格段に有利な状況といえます。それは決して恥ずかしいことではありません。どの地域の方でも、その地域の業者を信頼して、お気軽にご相談いただけたらと思います。

(なお、近年はゴミ屋敷の原因となる「セルフネグレクト」の方が増えています。詳しくは左のリンク先の記事をご覧ください)

女性でも恥ずかしくない(ごみ屋敷の7割は女性)

汚部屋

「女なのにゴミ屋敷に住んでいるのを知られると恥ずかしい…」と思う方もいるでしょう。しかし、これについても気にする必要はありません。

意外かもしれませんが、実はゴミ屋敷の住人の約7割が女性です。これは下の報道でもわかります。

「10部屋に1部屋はゴミ屋敷化していると思った方がいいです。大型マンションだと1棟に1割くらい」と話すのは、清掃会社『まごのて』社長の佐々木久史氏。清掃業と遺品整理代行を手がける同社は、年間700件以上のゴミ屋敷の清掃を請け負っている。
ゴミ屋敷の住人7割が女性で圧倒的に多い職種もあると社長(NEWSポストセブン)

上記の記事の見出しにもある通り「大部分が女性」なのです。そればかりでなく「10部屋に1部屋」というほど、ゴミ屋敷は決して珍しい状態ではなくなっています。

女性スタッフが在籍する清掃業者もある

ここまで書いた通り、ゴミ屋敷の掃除を男性スタッフに依頼しても、恥ずかしいことはまったくありません。しかし「それでも心理的に抵抗がある」という女性はやはり多いでしょう。

その場合は、女性スタッフが在籍する、あるいは「女性スタッフのみ」という業者を選ぶ方法もあります。そうした業者は年々増えているため、WEB上で探せばお住まいの地域でも見つかるでしょう。

若年層のゴミ屋敷でも恥ずかしくない(若くても普通)

女性だけでなく男性も含めて「まだ若いのにゴミ屋敷というのは恥ずかしい…」と思っている方もいるかもしれません。20代~50代の方の場合、このように思うこともあるでしょう。

しかし、こうした若い年代の方でも、ゴミ屋敷はまったく珍しくありません。ゴミ屋敷を通り越して「若年層の孤独死」すら増えているほどです。

これは、下のNHKの報道などでもわかります。

『孤立死』。一人暮らしの人が、会社や家族、近所など、社会的なつながりから孤立し、誰にも知られずに亡くなることで、『孤独死』とも言われます。阪神・淡路大震災の後、高齢者の間で相次いだことから、これまで主に高齢者の問題と考えられてきました。しかし、その『孤立死』が20代から50代の、いわゆる『現役世代』にも少なくないことが分かってきました。
おはよう日本(NHKニュース)

下の画像は同じ記事から引用したものですが、このグラフを見ても「約2割が50代以下」とわかります。

孤独死の年齢層

このような状況であるため、若くても恥ずかしいと思う必要はまったくありません。それこそ出前を頼むような感覚で、深刻にとらえず、お気軽にご連絡いただければと思います。

実家(親の家)なら、なおさら恥ずかしくない

実家の親御さんが家をゴミ屋敷状態にしてしまった、というケースならご依頼を恥ずかしいと思う方は少ないかもしれません。それでも一定数、恥ずかしいと思う方が見えるのは事実です。

しかし、ここまで書いた通り若い方や女性のゴミ屋敷も「まったく普通」というのが実情です。高齢者の方のゴミ屋敷を見て変に思う業者などまったく存在しないといえます。また、ご近所にバレないように作業できることも、先に書いた通りです。

ゴミ屋敷の掃除も含めた実家の生前整理については、下の記事で詳しく解説しています。

【参考】実家(親の家)の生前整理~3つのポイント~

また、親御さんが認知症である、要介護状態であるなど「福祉の要素が入るケース」では、下の「福祉整理」も参考にしていただけるかと思います。

関連記事
福祉整理について多くの方が知りたい内容は、主に以下のようなものでしょう。 言葉の意味、やることの内容 業者の場合、どんなサービスなのか 値段はどれくらいなのか 行政でやってもらえるか サービスを提供するのに資格は必要か ...

まとめ

オペレーターの女性

ゴミ屋敷の清掃は、ゴミに隠れた危険物などで負傷するリスクもあり、一般の方が行うには難しい作業です。ゴキブリなどの害虫対策も必要であり、匂いが外に漏れないよう、窓を閉め切ったまま作業するなどのケースもあります。

このように難しい作業は、無理に自力で行うよりも、業者に依頼していただくのが良いでしょう。この記事で解説した業者の選び方や費用相場などを参考にしながら、業者を選別していただけたらと思います。

弊社みらいプロセスは、関東エリアを中心にあらゆる地域でのゴミ屋敷の清掃に対応しております。価格についても業界最安値保証を宣言しており、他社より1円でも高ければ値引きに応じさせていただくことも可能です。

価格も含め、あらゆるご相談に無料で対応しておりますので、まずはお気軽にご連絡くださいませ。ゴミ屋敷のお片付けを通して皆様のお役に立てますことを、スタッフ一同、心よりお祈りいたしております。

遺品整理のみらいプロセスの対応エリア

area__map-banner

遺品整理みらいプロセス にお任せください

遺品整理みらいプロセスは、埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理、生前整理なら即日にお伺い出来ます。お急ぎの方、現場にはいけない遠方の方など、是非ご相談下さい。

※順次エリア拡大中ですが、一部対応できない地域もあります

ゴミ屋敷の関連記事こちらの記事もよく読まれています

2019-11-30

ゴミ屋敷~原因とされる心理や病気、女性の事例など~

ゴミ屋敷は、現代日本で特に大きな社会問題のひとつです。弊社はゴミ屋敷清掃のお手伝いもさせていただいていますが、その中で「社会全体での理解・対策」が必要と痛感しています。 そのため、この問題を整理し、多くの方にわかりやすく…

2019-11-19

部屋を丸ごと処分する時の費用相場~ゴミ屋敷・引越しでも業者に頼める?~

家がゴミ屋敷や汚部屋になってしまっている場合「部屋を丸ごと片付けたい」ということもあるでしょう。あるいは、引っ越しのときにも「時間がないので、丸ごと処分したい」ということもあるかと思います。 そのような「丸ごとの処分」を…

ctaFooter__copy-sub

TEL:0120-543-0840120-543-084
無料見積もりはこちら 24時間相談受付中
ctaFooter__hito