孤独死の部屋の匂いを除去する3つの方法をプロが解説!~隣人への補償請求はできる?~

年々増加して社会問題となっている孤独死。これが起きた場合の「部屋の匂い」について、多くの人がそれぞれの立場で、下のような疑問を持っているでしょう。

  • 孤独死の部屋の匂いは、どう除去すればいいのか
  • 隣人が孤独死をしたら、引っ越しなどの費用を請求できるのか
  • 自分の物件の入居者が孤独死したら、家賃などの補償を請求できるのか

この記事では、上記の3つのポイントも含め「孤独死による部屋の匂い」の問題について、総合的にまとめていきます。孤独死による部屋の匂いの除去などに悩んでいる方には、きっと参考にしていただけるでしょう。

この記事の目次

孤独死の部屋の匂いを除去する3つの方法

特殊清掃

孤独死による部屋の匂い(死臭・腐敗臭)を除去する方法は、大別して3つです。ここではそれらの方法について解説していきます。

必要な遺品・形見以外はすべて処分する

孤独死の匂いに限らず、香りというのはあらゆる物にくっついて長期間持続するもの。特に死臭は「命にかかわる匂い」であるため、人間の嗅覚が敏感に反応します。そのため「特に長く持続する」といわれるものです。

このため、死臭がついてしまった遺品や形見の品は「本当に必要なもの」だけを保存し、あとはすべて処分することをおすすめします。これは僧侶や神官の方も推奨している方法であり、決して「冷たい」ということはありません。

死臭というのはそのくらい強烈なものであり、嗅いでみれば誰もが「捨てるしかない」と実感するはずです。このため、通常より厳しい基準で遺品整理・形見分けを行うことになります。

(形見分けについて知りたい方は、下の記事を参考にしていただけたらと思います)

関連記事
遺品整理には多くの仕事があります。そして、その中でも特に大きな仕事の1つが形見分けです。 形見分けとは何か? 必ずやらなければいけないのか? いつ頃やるのか? 上記のような疑問を抱えている方も多いでしょう。ここではこれら...

処分する遺品はお焚き上げなどで供養する

「処分」というと冷たく感じられるかもしれません。しかし、お焚き上げなどの正統な儀式にのっとった遺品供養をするため、心配は不要です。

お焚き上げや遺品供養については、下の記事で詳しく解説しています。

関連記事
遺品整理をしたあと、「手元にも残さず買取りにも出さない」となった品物については、「処分」をせざるを得ません。しかし、故人の思いが詰まった品物をただの不用品として処分するのは、やはり気が引けるものでしょう。 このような理由...

遺品整理業者による強力な消臭剤を使用

遺品を処分しただけでは、部屋の匂いは消えません。そのため、遺品整理や特殊清掃の業者が使う、業務用の強力な消臭剤を使用します。

死臭や腐敗臭も、何もない状態から発生するわけではありません。アンモニアなどの「有害物質」があり、それらが匂いの発生源となっています。

これらの機能を化学的に抑えるのが、消臭剤の役割です。市販の消臭剤では孤独死の部屋の匂いに対してはほとんど効果がありませんが、業務用なら一定の効果を期待できます。

壁紙・フローリングなどをすべて張り替える(消臭工事)

ご遺体の発見までに時間がかかってしまったケースなど、消臭剤だけでは足りない場合もあります。このような場合には、壁紙やカーペット・フローリングなどをすべて張り替えることになります。

これは一般的に消臭工事と呼ばれるものです。消臭剤の使用だけでも「消臭工事」と呼ぶケースはありますが、100%「工事」と呼ばれるのはこのような作業になります。

床板や壁のモルタルなどを交換することも

たとえば遺体が溶けて液状になり、床に染み込んでいたとします。フローリングを超えて床板まで浸透していた場合は、この床板も外して交換する必要があります。

同じように、匂いが壁の多く深くまで染み込んでいる場合も、壁紙だけでなく、中のモルタル(石膏ボード)などを交換するケースもあります。ここまでの作業が必要になるかはケースバイケースですが、こうなると100万円単位のリフォーム費用がかかることもあると理解して下さい

隣人が孤独死した場合、補償を請求できる?

1万円札と電卓

賃貸物件でも一戸建てでも、隣人が孤独死をすると大きな損害が出ます。この損害に対する補償を、誰にどこまで請求できるのかというのは、被害を受けた方にとってはぜひ知りたいところでしょう。

ここでは、このような「隣人の孤独死に対して請求できる補償の範囲」について解説していきます。

損害の内容(不動産価値の下落・消臭工事代など)

まず、隣人が孤独死をするとどんな損害が出るのかを整理しましょう。特に多いものは下のような内容です。

  • 不動産価値が下落する
  • 消臭工事が必要になる
  • 引っ越しが必要になる
  • 精神的苦痛を受けた

まず、不動産の価値が下落することは言うまでもないでしょう。孤独死が起きた物件が事故物件になるだけでなく、周囲も「事故物件の隣の部屋」として、価値が下がってしまいます。

現代は事故物件の場所がある程度わかる

これはいいことか悪いことかわかりませんが、現代では「事故物件の場所がマップでわかる」というサイトもあります。もちろん全国すべての事故物件が網羅されているわけではありません。

しかし、かなりの数が把握されています。そして、それを賃貸や購入の希望者が見たら「あ、事故物件の隣の部屋だ」とわかってしまうわけです。

こうなると、当然不動産の価値が下落します。売値が下がるだけでなく、賃貸の家賃相場も下がります。

その他、消臭工事や引っ越しは「実際に費用が発生する」ので、これもわかりやすいでしょう。4つ目の「精神的苦痛」は少し解説が必要です。

精神的苦痛に対する賠償=慰謝料

慰謝料や「離婚や不倫に関して払う罰金」というイメージがあるでしょう。しかし、実は精神的苦痛に対する損害賠償すべてが慰謝料となります。

精神的被害に対する損害賠償をいう。民法は,不法行為について精神的損害の賠償請求を認め (710条) ,生命侵害の場合には,被害者の父,母,配偶者,子からの賠償請求を認める (711条) 。
コトバンク「慰謝料」

そのため、隣人の孤独死について「精神的苦痛を受けた」として慰謝料を請求することもできます。実際にもらえるかどうかというと「もらえない」ことがほとんどですが、名目としては「慰謝料」になります。

慰謝料の「精神的苦痛」というのは、その他にも交通事故の被害など、あらゆる場面で適応されるものです。

このようにさまざまな「損害」が隣人の孤独死にともなって発生します。これらを隣人やその遺族に対して請求できるのか(逆の立場でみると請求されるのか)を解説しましょう。

過失・故意でないため、請求できないことが多い

悩む夫婦

結論をいうと、隣人が孤独死をしても補償は請求できないことが多いものです。請求できたとしても極めて少額になることがほとんどです。

この理由は「過失でも故意でもない」ということ。誰かの失敗に対して補償を請求するには、下のいずれかであることが必要です。

  • 過失…本人のミスである
  • 故意…本人がわざとやった

「過失でもダメ」というのは、一般的な感覚と違い法律の世界では基本です。「過失致死」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

バスの運転手の居眠り運転などでよく聞かれる罪名です。居眠りは故意ではなく「過失」ですが、それでも人が死んだり負傷したりしたら罪になります。

そして「故意」が罪になるのは当然です。このように、過失か故意であれば孤独死した本人の責任になります。

しかし、孤独死というのは「そのどちらでもない」ため、「悪い人」がおらず、請求しようにも相手がいないのです。孤独死のように「本人が望んでいなかったのに死んでしまった」という例は「悪いこと」とはカウントされないわけです。

遺族などとの交渉次第では補償してもらえる

ここまで書いた通り、法的に「補償してもらう権利」は、ほとんどありません。しかし、遺族の方々などと交渉し、遺族の方が「払ってくれる」というのであれば、そちらから補償してもらうことができます。

もちろん、強迫的な交渉をしてはなりません。たとえ家族であっても、法律的には彼らに支払義務はないのです。

相手に支払義務がない以上、こちらは「払ってもらう側」です。そのため、くれぐれも「家族なら払って当然でしょう」などという態度に出ないようにしてください。

「そのくらい強気で主張した方が払ってもらえる」と思うかもしれません。しかし、繰り返しますが「家族に支払いの義務はない」のです。

義務のない人に強気の請求をするのは、一種の脅迫であり強要です。脅迫罪までは行かなくても、あまりにひどい請求だと「強要罪」が適用されることはあるでしょう。

普通の方はこのような請求をすることはないと思いますが、それだけ「本来請求できない」ということです。それを念頭におき、ていねいな交渉をするようにしてください。

孤独死で遺体が腐敗するまでの日数は?

孤独死

「もしかしてこの匂いは死臭ではないか」と気づいてから、確信を持つためには「遺体が腐敗するまでの日数」を知っておく必要があります。ここではそのような時のための知識として、孤独死で遺体が腐敗するまでの日数を解説していきます。

夏は数日、冬は最長1カ月、平均2週間

実は、孤独死された方の御遺体が腐敗するまでの日数は、一概には決まっていません。

  • 時期による
  • 地域による
  • 状況による(エアコンをつけていたかなど)

主にこの3つの条件によって変わるため、明確な日数はないのです。しかし、一般的には季節によって下のようにいえます。

  • 夏場…数日
  • 冬場…最長で1カ月程度
  • 平均…2週間程度

夏場は、たとえば野菜や肉などを台所に出しっぱなしにしていると、半日で傷んでしまいます。1日経つと、特に肉は異臭がすることが多いものです。

そして、それが数日経つと「腐敗」と呼べる状況になるということです。もちろん、これも状況によります。

  • クーラー・扇風機・その他の冷房をつけていたか
  • 直射日光の当たる場所だったか
  • 夏の気温が高い地域だったか、低い地域だったか

これらの諸条件によって、同じ夏場でも数日で腐敗するかどうかは分かれます。しかし、おおよそ「最短数日で腐敗する」と考えてください。

冬の寒冷地などは、1カ月程度腐敗しないことも

北国の家

これが逆に冬場になり、しかも北海道・東北・北陸地方などの北国になると、1カ月程度腐敗しないこともあります。言うまでもなく気温が低いためです。

これももちろん、エアコン・こたつ・ストーブなどの暖房器具を使っていたかいなかったかによって、状況は大きく変わります。北国では常時暖房がついていることも多いため、場合によっては腐敗しやすいこともあるものです。

逆に「適度に寒い地域」の場合、常時暖房はなく「ご本人が孤独死される前に暖房をつけなかった」としたら、北国以上に冷え込む可能性もあります。場合によっては、こちらの方が腐敗が遅くなることもあるでしょう。

自己融解から死体損壊までの流れ

鑑識にも専門用語があります。一般的にご遺体が「腐敗した」といわれる状態は「自己融解から死体損壊の間」です。その前の段階から流れを書くと、下のようになります。

  1. 死斑が出る…数時間後
  2. 死後硬直…半日程度
  3. 角膜白濁…1日
  4. 角膜混濁…2~3日
  5. 自己融解…数日後
  6. 死体損壊…数日~1カ月

死斑や死後硬直については知っている方が多いでしょう。角膜白濁・混濁も文字通り、「目の角膜が白濁したり、さらに濁ったりする」ということです。

ここではその後の「自己融解・死体損壊」について解説します。

自己融解とは

これは文字通り「自分で溶け始める」状態です。文字にするだけでも恐ろしい状態ですが、「なぜ溶けるのか」という理由をすぐに説明できる方は少ないでしょう。

これは「消化液・消化酵素」のためです。驚くかもしれませんが、胃袋の消化液や消化酵素は、溶かすものがないと人体を溶かし始めるのです。

「本人は亡くなったのに、胃液や消化酵素は生きている」ということなんですね。胃液はともかく「消化酵素は死ぬのでは?」と思うかもしれません。

しかし、酵素は動物本体が死んだ後でもしばらく生きています。その証拠に、私達は野菜や肉などの生鮮食品から酵素を吸収しています(特に野菜)。

というように、人体は脳や心臓が停止したあとも、実は「いくつかの部分がまだ生きている」のです。そして、生き残っている機能・部分である消化液・消化酵素が、自己融解の原因になるのです。

死体損壊

これは主に「ウジ・ゴキブリ・アリ・動物」などによる損壊です。自己融解が胃酸や酵素による「化学的な損壊」だとしたら、こちらは「物理的な損瑕」です。

ウジなどの虫が遺体をかじる、動物が噛み切るなどの「物理的な破壊」を加えるわけです。アリが人間にかみつくことは経験上知っている方もいるかもしれませんが、実はゴキブリも噛みつきます。

あるゴミ屋敷で育った小さなお子さんが、そこを清掃した業者さんに「ゴキブリって噛み付くんだよ」と「教えてくれた」そうです。筆者もそれを読んで初めて「ゴキブリが人間に噛みつく」ということを知りました。何はともあれ、このように昆虫たちが「物理的な破壊」を加えるのが、死体損壊の段階です。

(屋外だと動物が大部分を破壊するのですが、孤独死の現場では当然「害虫が中心」となります。ただし、ペットの犬や猫などを室内で飼っていた場合、混乱したこれらのペットが死体損壊に参加してしまうこともあります)

日数には正確な告知義務がある

事故物件を賃貸や売却に出すとき、その事故が「孤独死」であったなら、発見までの日数も正確に告知する必要があります。すぐに発見された場合は「告知義務がない」とされることが多いものですが、上に書いた通り「遺体は数日で腐敗する」ものです。

つまり、1日で発見された場合は告知義務はないといえますが、2日以上経過したら「グレーゾーン」といえます。最終的には遺体の腐敗度などにもよりますが、「迷ったら正確に告知する」と考えておきましょう。

こうした孤独死にまつわる告知義務については、下の記事でも詳しく解説しています。

関連記事
孤独死をして発見が遅れてしまった場合、部屋の壁紙・クロスの交換など、原状回復の費用が必要になることがしばしばあります。このとき、下のような点が気になる方が多いでしょう。 誰がどこまで、支払いの責任を持つのか 保証人でなく...

死臭は消臭剤で消せる?

消臭剤

隣人の孤独死などによって自分の部屋に死臭がついてしまった場合、「ひとまず消臭剤で消したい」と考える人は多いでしょう。後日消臭工事を頼むにしても、すぐに打てる対策は「消臭剤を使う」ことだからです。

ここでは、死臭を消臭剤で消せるのかどうかを、遺品整理のプロの目線から解説します。

業務用の「超強力消臭剤」は市販されているが…

業務用の「調強力消臭剤」とうたわれる商品は、市販されています。Amazonプライムにも商品があり、注文すれば最短で翌日には届くものです。

値段も「2000円未満」とお手頃であり、業務用と書かれていることから「死臭もとれるのでは?」と期待する人が多いでしょう。実際、ほとんど死臭が染み付いていない初期の段階なら取れる可能性があります。

しかし、ある程度日数が経過した「強力な死臭」については、こうした消臭剤ではとれないと考えてください。

消臭剤で除去できるなら、消臭工事のプロは不要

消臭工事

孤独死にともなう死臭の除去は、ほとんどのケースで「消臭工事」が行われます。プロが極めて高級な消臭剤をつかい、必要に応じて壁紙やクロスなどあらゆるものを張り替える工事です。

そこまでして初めて「完全な除去」ができることが多いのです。誰だって、このように費用や手間がかかる工事は依頼したくないでしょう。それでも依頼しているわけです。

これは「本当の死臭は、そのくらいしなければ除去できない」ためです。こうした業者による消臭工事のサービスが存在していること自体が「消臭剤では限界がある」ことの証明といえます。

ただし、死亡からほとんど日数が経たずに発見されたケースや、現場があなたの自宅から遠く「ほとんど匂いが来ていない」という場合には、市販の消臭剤でも十分という可能性があります。

市販の消臭剤は尿臭・便臭用

基本的に「死臭に対応」と書かれている消臭剤でも、市販のものはすべて「尿臭や便臭用のもの」と理解して下さい。たとえばペットを室内で飼育している人などが、その便臭や尿臭を取り除くために使うというものです。

どうしても通販の消臭剤で対応したいのであれば、「本当に業務用」の、値段の高いものを使いましょう。5000円~1万円程度の商品がプロ向けのサイトで売られていますが、そのような商品を選ぶべきです。

ただ、このような商品は薬剤の刺激が強い分、取扱いに注意が必要となります。使用する際は細心の注意を払い、難しいと感じたら無理で自力の消臭は行わず、特殊清掃業者に消臭工事を依頼するようにしましょう。

隣人の孤独死による引っ越し費用は、負担してもらえる?

引っ越し

隣人の孤独死によって、部屋に死臭が染み付いてしまった―。しかし、消臭工事が完了するまで同じ部屋で生活するのは厳しい、ということもあるでしょう。

このようなとき、多くの人は引っ越しを考えるものです。ここでは、

保険の特約によってはもらえる

このケースでは、下の条件を満たしたら一定の費用を出してもらえる可能性があります。

  • 「住まいの保険」などの損害保険に入っている
  • その特約として「隣人の孤独死」などの内容がある

特約として、もちろん「隣人孤独死特約」というような、直球のネーミングがあるわけではありません。名前は「事故特約」など、幅の広いものになるでしょう。

しかし、その内容を熟読して「隣人の孤独死による引っ越し」も保証の対象に含まれるとわかったら、それが「孤独死特約」といえます。もちろん、契約の際に直接担当者に質問して確認しておく方がいいでしょう。

このような保険に加入し、特約も付帯させていれば、引っ越しにかかった費用はその範囲内で保険会社に支払ってもらえます。

損害保険の加入・特約付帯がなければ不可

逆に、下のようなケースでは引っ越しの費用は一切出してもらえないといえます。こちらのケースに該当する人がほとんどです。

  • 住まいの損害保険に加入していない
  • 孤独死による引っ越しも補償されるような特約が付帯していない

前者だけなら加入している人が多いでしょうが、後者については付帯していないことが多いのです。このため、一般的には「隣人が孤独死したことが原因で引っ越しをしても、その費用は誰にも請求できない」ということが多くなります。

日常のコミュニケーションなどの「防止策」を

ご近所づきあい

上のように、保険の特約などがなければ、実際に孤独死が起きてから賠償してもらうことは難しくなります。つまり「泣き寝入り」です。

これはあなただけではありません。他の入居者・孤独死された方のご遺族・大家さん・管理会社など、ありとあらゆる人が「泣き寝入り」をすることになります。

事件の原因となった本人が亡くなっていて、しかも「過失でも故意でもない」となれば、全員が泣き寝入りするしかないのです(もちろん、一番無念なのは亡くなったご本人でしょう)。

孤独死の被害は「予防」するしかない

つまり、孤独死による損害は「予防」するしかないのです。その方法として、「日頃から隣人とコミュニケーションをとっておく」「保険・特約にしっかり加入する」ということがあげられます。

コミュニケーションについては、現代ではライフスタイルの違いや価値観の違いもあり、難しい部分が多いでしょう。しかし、保険については少し高めの出費を覚悟すれば、誰でもすぐに実行できるはずです。

孤独死も含めて、不動産の損害は数十万円から数百万円にのぼることが珍しくありません。そうした損害の大部分が補償されることを考えれば、多少月々の保険料が高くなっても、それに見合う安心感を買えるというべきでしょう。

死臭や腐敗臭とはどんなニオイ?

悪臭

当然ながら、死臭や遺体の腐敗臭を嗅いだことがある人は少ないでしょう。そのため、そのような臭いを感じられても、それが死臭や腐敗臭であることをすぐに察知するのは難しいはずです。

これによって発見が数日遅れてしまうパターンが多いのですが、逆にいえば「どんな臭いか知っていれば、早めに対策をとれる」ともいえます。このため、ここでは死臭や腐敗臭がどのような匂いなのかを解説していきます。

チーズ・生ゴミ・クサヤなどが腐った匂い

遺品整理・特殊清掃の業者としての経験から書かせていただくと、あえて例えるなら見出しの通りです。「チーズや生ゴミ、クサヤなどが腐敗した匂いといえます。

クサヤ(くさや)については現代では知らない方も増えたでしょうが、魚の干物の一種です。通常の干物は「乾燥させる」だけですが、くさやは「発酵」させます。

大豆を発酵させると納豆となって臭くなるように、発酵すると基本的に何でも「臭くなる」のです。それを魚に対して行ったのが「くさや」です。

魚はもともと「生臭い」と言われるものですが、それをさらに発酵させて「臭くした」わけですから「くさや」と呼ばれるのも納得できるでしょう。

そのくさやや、チーズ・生ゴミなどがさらに数倍から数十倍に腐ったような匂いが死臭です(レベルは御遺体の状況によります)。

「下水道や排水口の匂い」と勘違いする人が多い

排水口

当然ながら、異臭がしたときに「死体の臭いだ」と考える人はめったにいません。孤独死のニュースは日々聞いていても「まさか自分のアパートで起こるとは」と考える方が多いのです。

そのため、ほとんどのケースでは「下水道や排水口の匂い」と考えてしまいます。「誰かが変なものを流した」「下水道の中でネズミか何かが死んでいる」などと考えてしまうわけです。

そして、そのようなケースは大抵数日したら元に戻るため「様子を見てしまう」人がほとんどといえます。これは通常なら間違っていない対応ですが、死臭の場合はこの判断が命取りになってしまうことがあるのです。

「嗅いだこともない臭い」は、すぐに管理会社・大家に連絡

孤独死による死臭は、かならず「嗅いだことがない臭い」と感じるはずです。動物にとって「死」というのはもっとも恐るべきものであり、それが身近で起きたということは「このままだと自分も危ない」というサインになります。外敵が迫っていたり、伝染病などが流行っている可能性があるためです。

そのため、死臭に対して人間の嗅覚は強烈に反応します。明らかに「異常な臭い」と感じるのです。

もしそのように感じたら「下水道の臭い」などと思わず、まず管理会社や大家さんに連絡しましょう。たとえ下水道だったらにしても問題が起きていることには間違いありません。また、そのケースでも「早く対応した方が良い」ことがほとんどです。

早めに連絡して隣人の部屋を確認してもらうことで、遺体の発見も早くなります。これはあなたにとってはもちろん、他の入居者・管理会社・大家さん・ご本人の家族と、すべての人々にとって良いことです。もちろん、孤独死されたご本人にとっても、遺体が腐乱する前に見つけてもらえる方が確実に良いでしょう。

このため「何か変な臭いだ」と感じたら、その臭いの強さに関係なく、大家さんや管理会社に連絡するようにしてください。

マンションの廊下が臭いときは要注意!

マンションの廊下

マンションの部屋で孤独死が起きた時、その匂いが廊下に漏れることがあります。ただ、この漏れ方が少々イメージと違うこともあり、気づかないことがしばしばあるものです。

ここでは、マンションの廊下で死臭のような匂いがしたとき、意識するべきポイントをまとめます。

「生ゴミや鳥・ネズミの死骸」は原因ではない

マンションで孤独死が起きたとき、死臭が日に日に悪化して「ようやく気づく」というケースは多くあります。そのとき、多くの方が口を揃えていうのは下のようなことです。

  • 隣の人が生ゴミをベランダに放置しているのだと思った
  • 鳥が屋上で死んで腐っているのだと思った
  • 排水口でネズミなどの小動物が死んでいるのだと思った

確かに、誰も「隣室で人が死んで、遺体が放置されている」などとは思わないでしょう。このため、上記のような想像をするのは無理もありません。

特に、仕事が忙しく「深夜に帰ってきて寝るだけ」という生活だったら、疲れていて考える気力もないでしょう。「どうせ動物か生ゴミだろう」「すぐ解決するだろう」と思いたくなるのは当然です。そう考えて明日の仕事の準備をしないと、仕事の方が止まってしまうこともあるでしょう。

それでも、見出しに書いた通り「そのような臭いで、明らかな異臭がすることはない」のです。実際、このような臭いがしたとき「本当に生ゴミや動物の死体だった」というケースはめったにありません。

死臭は「ごく一部の場所にしか届かない」ことがある

これはある方の体験談でわかったことですが、死臭は「きわめて限られた場所でしか感じられない」というケースもあります。その体験談では「その方の部屋と、孤独死された部屋の間」という、廊下の中の「ごくわずかなスペース」でしか、匂いがしなかったということです。

  • 孤独死した方の部屋は、廊下の一番奥だった
  • 体験談を書かれた方の部屋は、その隣だった(つまり、奥から2番目)
  • その2つの部屋の間の廊下だけ、匂いがしていた
  • もう1つ隣(奥から3番目)の家の前では、すでに匂いがなかった

このような状況だったそうです。一般的なイメージでは「人が死んで腐敗していたら、廊下中に匂いが充満する」「少なくとも2軒か3軒となりまでは届く」と考えるでしょう。

この体験談の方もそのように考えていたため、死臭であるという可能性は考えなかったそうです。ベランダからの匂いもなかったということで、死臭を疑わなかったのは無理もありません。

なぜ限られた場所だけに臭ったのか

マンションの廊下

これは状況を見ないと何ともいえませんが、下のような条件を満たすほど、周囲に匂いが漏れにくくなります。

  • 家の中の部屋・廊下などのドアがすべて閉まっている
  • 換気扇が回っていない
  • 冬場などで、腐敗が少しずつ進行する

ドアが内部で閉まっていればいるほど、周りに匂いが漏れにくくなります。また、換気扇が外に死臭を送り出してくれればそれで気づきますが、換気扇が動いていなければ、それもありません。

最後の「冬場」ですが、腐敗がゆっくり進行すると「鼻が慣れてしまう」のです。また、急激にきつくなるときと違い「おかしい」と思うのも遅れます。

このようにあらゆる条件を満たすことで「マンションの廊下の中でも、ごくわずかなスペースにしか匂いがしない」ということがあるのです。「一部でしか匂いがしないから死臭ではない」と考えず「異臭はすべて死臭である」と考えるくらい、警戒しておく方がいいでしょう。

(その方が、孤独死された方、他の入居者、大家さん、管理会社などすべての方のためでもあります)

アパートよりマンションの方が死臭が漏れにくい

マンションの玄関

孤独死は、マンションよりアパートで多く起きています。これは想像がつくでしょうが、低所得であったり、孤独な生活をしている方ほど孤独死をしやすいためです。そして、そうした方はおしゃれなマンションより、築年数の古い、いわゆる「ボロアパート」と呼ばれるような物件に住んでいることが多いといえます。

この点でも「マンションで死臭がするとは想像しない」ということが多くなります。しかも、マンションは部屋自体が広かったり、窓ガラスが二重になっているなどして「匂いが外に漏れにくい」構造になっているものです。

これも「マンションの方がアパートより遺体の発見が遅れる」原因となっています。発見が遅れる分、遺体の損壊も進行していることが多いのです。

遺体の発見が遅れるほど物件の価値は落ちますし、周囲の物件の価格も下落します。つまり、あなたがその部屋の大家さんであってもなくても、マンションでの孤独死については常に警戒し、「これは死臭ではないか?」と、少々オーバーに疑う方がいいのです。

まとめ

オペレーターの女性

孤独死が起きた部屋の匂いは、きわめて発見が早かったというケースを除けば、プロでない限り除去できないもの。このため、万が一ご家族などが孤独死をされてしまって部屋に匂いがついてしまった場合、遺品整理業者などのプロにご相談いただくことをおすすめします。

弊社みらいプロセスでは、このようなケースでの消臭工事もリーズナブルな価格で迅速にご対応しております。消臭工事も含め、特殊清掃や遺品整理の有資格者が多くスタッフとして在籍しておりますので、清掃・工事のクオリティの高さでも、多くのお客様にご満足いただいております。

もし孤独死によるお部屋の匂いにお困りでしたら、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。お見積りやご相談などはすべて無料で対応いたしております。電話・メールの両方で年中無休で受け付けしておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

遺品整理のみらいプロセスの対応エリア

area__map-banner

遺品整理みらいプロセス にお任せください

遺品整理みらいプロセスは、埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理、生前整理なら即日にお伺い出来ます。お急ぎの方、現場にはいけない遠方の方など、是非ご相談下さい。

※順次エリア拡大中ですが、一部対応できない地域もあります

特殊清掃の関連記事こちらの記事もよく読まれています

2019-05-27

一人暮らしの死亡後の片付けの手順とは?

近隣住民の生活状態を調査すると、一人暮らしの家庭が増えていることがわかっています。少子高齢化社会の到来によって、その現状はますます深刻化しており、見逃せないものとなっています。 ある日、とある一人暮らしの高齢者がアパート…

2019-07-22

孤独死の原状回復費用をプロが解説!後片付けでかかる金額相場は?

孤独死をして発見が遅れてしまった場合、部屋の壁紙・クロスの交換など、原状回復の費用が必要になることがしばしばあります。このとき、下のような点が気になる方が多いでしょう。 誰がどこまで、支払いの責任を持つのか 保証人でなく…

2019-07-24

プロが教える!孤独死が起きた空き家の後始末のポイントを解説!

少子高齢化や「おひとりさま」の増加で、年々増え続ける孤独死―。内閣府のデータでは「年間3万人を超えた」とされています。 このような状況の中「親が孤独死して、実家が空き家になってしまった」という方も増えているでしょう。その…

事故物件に特殊清掃は、必要?具体的な依頼手順を解説
2019-06-28

事故物件に特殊清掃が必要!具体的な依頼手順を解説

近年、少子高齢化社会になり、年老いた家族が離れて暮らすことも少なくありません。その場合、どうしても故人の死亡確認が遅くなり、安否確認が難しくなります。そのような理由から事故物件化してしまうケースもたくさんあります。 あな…

孤独死をする前に、対策できることは?
2019-07-31

孤独死になる前に、準備・対策できることは?

近年、少子高齢化社会の到来によって、一人暮らしの高齢者が孤独死をするケースがあとを絶ちません。その場合、アパートやマンション、一戸建ての室内で発見が遅れてしまうことで、大きく腐敗が進んだ状態で見つかることがあります。 ど…

孤独死が発覚!遺品整理を実施するときの注意点
2019-07-22

孤独死が発覚!遺品整理を実施するときの注意点とは?

故人が室内で孤独死してしまった場合、通常の遺品整理とは違った手順で作業を進めなければいけません。今すぐ、遺品整理に着手したいと思っても、現場の状況によっては、腐敗体液の影響によって簡単に入室できません。 しかし、故人の亡…

ctaFooter__copy-sub

TEL:0120-543-0840120-543-084
無料見積もりはこちら 24時間相談受付中
ctaFooter__hito