孤独死をする前に、対策できることは?

孤独死になる前に、準備・対策できることは?

近年、少子高齢化社会の到来によって、一人暮らしの高齢者が孤独死をするケースがあとを絶ちません。その場合、アパートやマンション、一戸建ての室内で発見が遅れてしまうことで、大きく腐敗が進んだ状態で見つかることがあります。

どうすれば高齢者の孤独死を未然に防ぐことができるのでしょうか。もしかして、お年寄りの孤独死を少しでも未然に防ぎたいという気持ちから、下記のようなことで悩んでいませんか?

  • 親戚が孤独死をするまえに、どのような対策方法があるのか知っておきたい・・・。
  • 孤独死によって、どのような問題が発生するのか把握しておきたい・・・。
  • 孤独死したあとの遺品整理について、具体的に検討しておきたい・・・。

この記事では、家族が孤独死をする前に、どうすれば対策できるのか、生前整理や遺品整理の大切さについて知っていただくため、プロが詳しく解説していきます。これから孤独死をする前の具体的な対策について知りたい方にとって、非常に参考になるでしょう。

孤独死対策は、必要なの?

近年、身寄りのないお年寄りがアパートやマンション、一戸建てなどで一人暮らしをするようになり、孤独死をするケースが増えてきました。そのため、孤独死対策の必要性を感じている方もいるでしょう。孤独死対策をするのであれば、下記について把握しておくことが大切です。

  • 孤独死のない社会を実現することの大切さ。
  • 孤独死が生じやすい環境。
  • 孤独死した人に見受けられる死因。
  • お年寄りだけじゃない!若者の孤独死対策。

ここでは、少子高齢化社会における孤独死対策について、そのような社会を実現することの大切さや孤独死が生じやすい環境、死因について、ご説明します。

孤独死のない社会を実現することの大切さ

突然ですが、孤独死をして亡くなった方が住んでいた現場を見たことがありますか?あなたが不動産オーナーやアパートやマンションなどの管理会社の従業員であれば、その悲惨な状況を幾度となく目にしたことがあるでしょう。

自殺や殺人、自然死など、人が死亡する要因は、多岐にわたります。すぐに、遺体が発見されれば、それほど部屋も汚れることなく、迅速に対処できますが、遅れてしまったら簡単に片付けることはできません。

特に、ゴミ屋敷の中で孤独死をしてしまったら、本当に片付けることが大変です。重要な遺品が眠っていてもゴミを片付けるだけで1日終わってしまうでしょう。しかし、普段から周囲の人が声をかけあい孤独死のない社会を作っていれば、そのようなことにはならないでしょう。

孤独死が生じやすい環境

孤独死について対策をするには、どのような環境にいる人が死亡しているのか知らなければいけません。遺品整理業者として働いていると、下記の環境にいる方は孤独死しやすいように感じます。

  • アパートやマンションなどの賃貸住宅に住んでおり、人付き合いのほとんどない人。
  • 仕事をすることなく無職であった人。
  • 持病を抱えており、あまり身動きがとれない人。
  • 家族同士の付き合いというものを大切にしなかった人。
  • 結婚することなく独身であった人。
  • 夫婦生活を歩んでいたものの、配偶者が先に死んでしまった人。
  • 1人で生活をしている独身の高齢者。

もし、親族に上記に該当するような人がいる場合は、孤独死に対する対策を進めておいた方が良いでしょう。他社とのコミュニケーションが疎遠になりがちなので、長期間1人になってしまわないように、周囲が配慮することが大切です。

孤独死した人に見受けられる死因

孤独死をする人たちは、どのような死因で死亡してしまうか、ご存じでしょうか?一般的に、孤独死による死亡者の死因を調査すると、脳溢血や循環器障害、心筋梗塞であることがわかります。

そのため、昨日まで元気に会話ができていても、病気の症状によっては、突然死亡してしまうことがあります。他にも、生活中に転倒してしまい、事故で死んでしまうこともあります。地震や洪水、骨折などによって、だれも助けを呼ぶことができず、死亡するケースもあります。

身近に孤独死が起きなければ、他人事のように思えるかもしれません。しかし、ほんの少しの小さなきっかけによって孤独死が生じてしまいます。

お年寄りだけじゃない!若者の孤独死対策

孤独死と聞くと、お年寄りだけがなるイメージをもっているかもしれません。そもそも、孤独死に年齢は関係ありません。たとえば、アパートやマンションに住んでいる一人暮らしの20代が誰にも気づかれることなく死亡してしまった場合、それは孤独死だと言えます。

会社と自宅を往復する毎日で近隣住民ともコミュニケーションがなく、その人の生活について配慮する人がいなければ、1人死亡していてもだれも気がつきません。近年では、一生を独身として終える人が増えています。

孤独死に関する問題を解決するには、年齢に関係なく一人暮らしの人は、いつ死亡しても良いように対策を考えておく必要があります。

孤独死対策を進めるメリット

孤独死対策を進めるメリット

少子高齢化社会へと進んでいる以上、孤独死対策について正面から考える必要があります。日頃から若者や高齢者が孤独死をしないように対策をすれば、下記のようなメリットがあるように感じられます。

  • 遺族への金銭的負担を軽減できる。
  • 遺品整理の手間を軽減できる。
  • 不動産価値の大幅な低下を防げる。
  • 孤独死をすることがないため、安心して生活できる。

ここでは、孤独死をしないように対策をすれば、どのようなメリットがあるのかについて、ご説明します。

遺族への金銭的負担を軽減できる

万が一、親族が孤独死をしてしまった場合、遺されたものを処分するため、金銭的負担が大きくなってしまいます。もし、死亡後について話し合うことができていれば、ゴミの後片付けや不用品の処分ができていたかもしれません。

故人の所有物について不明点があれば、事前質問できるため、その所在を巡ってトラブルになることもありません。場合によっては、高い費用を支払って、真の権利義務のある人物を特定しなければいけないということもあるでしょう。

そうなると、どうしてもお金が必要になります。法的な手続きを交わすことになれば、専門家へ依頼する必要性もでてくるかもしれません。そのため、孤独死対策をしておくことは、非常に大切なことです。

遺品整理の手間を軽減できる

遺品整理業者がもっとも大変だと感じるのは、ゴミ屋敷の現場や特殊清掃を必要とする現場です。たくさんのゴミの上で死亡し、腐敗体液が周囲に広がってしまった場合、なかなか片付けの作業が進みません。

しかし、孤独死の対策をしていれば、故人が死亡してしまう前に、生活の異変について気づくことができます。膨大なゴミを処分するため、不用品回収業者を入れていれば、簡単に遺品整理の作業を進めることができていたかもしれません。

資産価値のあるものについても、事前に質問できるため、通常以上にさまざまな手続きを進めやすくなります。そのため、遺された親族は、遺品整理をすることを念頭において、準備していくことが大切です。

不動産価値の大幅な低下を防げる

もし、故人が死亡してしまい、アパートやマンション、一戸建ての室内で長期間にわたって放置されてしまった場合、床材や壁紙が大きく汚れてしまいます。そうなれば、不動産価値が著しく低下してしまいます。

腐敗体液が大きく付着し、強い腐敗臭が漂う室内で遺品整理を進めることはできません。そして、次の入居者を見つけることもできないでしょう。孤独死対策をしていれば、長期間放置されることなく、素早く見つけることができるため遺体が大きく腐敗してしまう前に対処できます。

不動産価値の低下を抑えることができれば、売却時に高値で売れるかもしれません。もしくは、事故物件であったとしても、それなりの値段で賃貸できる可能性があります。不動産価値を下げたくなければ、1日でも早くキレイな状態を保つことが大切です。

孤独死をすることがないため、安心して生活できる

最近では、身寄りのない老人同士がアパートやマンション、一戸建ての一室に集まって、孤独死をしないように生活している姿を見かけることがあります。孤独死に関する対策をしていれば、だれかが1人で死んでしまうということがありません。

故人の中には、「自分は1人で死んでいくかもしれない。死亡してもだれも気づいてくれないから今から不安を感じる。」と悩んでいる方もいたでしょう。孤独死対策によって、「孤独死をして、気づかれないということは絶対にない。」と伝えておけば、安心して暮らせるのではないでしょうか。

その安心感から、周囲の人とのコミュニケーションがとれるようになるかもしれません。そのため、元気な私たちが安心して暮らせる環境を提供していく必要があります。

孤独死によって生じるトラブルと対策

孤独死によって生じるトラブルと対策

今は、元気で暮らしている親族が孤独死をしてしまったあとのことを想像したことがありますか?何も考えていなければ、遺品整理などの際にトラブルが生じることがあります。想定されるトラブルは、下記の通りです。

  • 財産相続の進め方でトラブルになる。
  • 不動産の管理に関連する法的な手続きに戸惑う。
  • 悪質な遺品整理業者から高額請求される。
  • 親族が遺品を盗んでしまう。

ここでは、親族が孤独死をしてしまうと、どのようなトラブルが発生するのかについて、ご説明します。

財産相続の進め方でトラブルになる

故人が孤独死をしてしまうと、財産相続でトラブルが発生しやすいです。なぜなら、ほとんど話し合うことなく死亡してしまったため、権利の所在が明確になっていないからです。「生前、これは自分のものになると伝えられていた。」と、遺された親族の1人が言いだすかもしれません。

しかし、それを知る術がありません。その結果、親族のだれかが周囲の同意を得ることなく遺品整理を進めてしまうかもしれません。身勝手な行動は、トラブルの原因となるでしょう。

そのため、親族同士でトラブルになりたくないのであれば、故人が生きているうちに遺言書を遺してもらうようにしましょう。遺言書があれば、故人の考えが尊重されるため、トラブルになることを未然に防げます。

不動産の管理に関連する法的な手続きに戸惑う

あなたの故人は、アパートやマンション、一戸建てなどの不動産物件を複数所有していなかったでしょうか。いつまでも管理の滞った不動産を所有していれば、トラブルの原因になってしまいます。

もし、不動産を手放すのであれば、法的な手続きが必要となります。しかし、不動産に関する法律に詳しくない私たちは、自分で具体的な手続きを進めることができません。その場合、法律の専門家に相談することになります。

ちなみに、弊社では、不動産に関する法律に詳しい専門家が在籍しているため、どのようなご相談でもできます。具体的な手続きについて、不明点がある場合は、なんでも質問してください。

悪質な遺品整理業者から高額請求される

故人が孤独死した部屋を片付けるため、遺品整理業者を呼ぶと、高額請求されることがあります。しかし、どうすれば悪質な遺品整理業者を見分けることができるのでしょうか。その場合は、見積もり書をしっかりと確認するようにしてください。

有料オプションの項目や備考欄の部分に、怪しい書き込みがあるはずです。たとえば、下記のような文言です。

  • 別途、追加料金が発生する可能性があります。
  • 有料オプションは、別途請求いたします。
  • 特殊清掃費用は、含まれていません。
  • 作業終了後に、ゴミの分別費用を請求します。

このように、追加料金が発生するような文言が記載されていた場合は、怪しい可能性が高いので仕事を依頼してはいけません。疑問に感じた場合は、「追加料金が発生することはないですよね?」と、しっかりと確認しましょう。

親族が遺品を盗んでしまう

珍しいケースですが、親族が遺品を盗んでしまうことがあります。事前に、お金になりそうなものを故人から聞いておき、だれかの手に渡ってしまう前に、周囲の親族に知られないように自宅のどこかに隠してしまいます。

後日、あったはずの物的な資産がなくなっていることにだれかが気づき、大きなトラブルになってしまうことがあります。もし、そのような事態が発生してしまったら、のちの遺品整理作業を効率良く進められなくなります。

この場合は、親族同士で遺品整理を進めるのではなく、プロの遺品整理業者に仕事として依頼した方が安心・安全に大切な遺品の片付けをお願いできます。

孤独死を未然に防ぐ有効な対策方法とは?

孤独死を未然に防ぐ有効な対策方法とは?

孤独死は、さまざまな問題を引き起こす重要な問題です。しかし、どうすれば親族を孤独死させることなく、長期的に放置されることを防ぐことができるのでしょうか。孤独死を未然に防ぐためには、下記のような対策が有効と言えるのではないでしょうか。

  • 1日1回、家族が定期的に訪問する。
  • スマートフォンや電気ポットで安否を確認する。
  • 自治体の孤独死対策に参加する。
  • 訪問介護を利用する。
  • 老人ホームを利用する。
  • 家族が生きているなら、生前整理を相談する。
  • 死亡後は、遺品整理業者の導入を検討する。

ここでは、どうすれば親族が孤独死することを未然に防げるのかについて、ご説明します。

1日1回、家族が定期的に訪問する

死亡してしまうかもしれない親族を、いつまでも1人で生活させるというのは非常に不安が残ります。そのため、可能であれば、1日1回しっかりと生活できているか確認することが大切です。

もし、病気や事故などで転倒していれば、見回りに来た家族がその事実について、いち早く気づくことができます。親族が近隣に住んでいれば、定期的な見回りが可能となるでしょう。

しかし、県外に住んでいるのであれば、なかなか自宅に向かうことはできません。孤独死をさせないためにも、他の手段を検討した方が良いかもしれません。

スマートフォンや電気ポットで安否を確認する

最近は、見守り家電というものが登場し、家族の安否確認を簡単にできるようになっています。たとえば、電気ポットのスイッチを入れると、「電気ボットの電源が入りました。」と連絡がいくため、元気に生活していることを確認できます。

他にも、お年寄り向けのスマートフォンも登場するようになり、アプリケーションなどを利用することで安否確認ができるようになっています。たとえば、毎日Lineで一言でも構わないので、やりとりする習慣を持っておけば、いつも通りの生活をおくれていることを確認できます。

LineやSkypeなどのアプリケーションを通して、ビデオ電話などでやりとりできるため、遠方で過ごしていても、顔や生活環境をスマートフォンやパソコンを通して把握することも可能です。

自治体の孤独死対策に参加する

あなたの自治体では、孤独死対策セミナーのようなものは、実施されていませんか?インターネットで孤独死について調べるよりも、現場について知り尽くした講師の話を直接聞いた方が対策しやすいです。

もしかすると、孤独死をしないようにボランティア団体が対策を練ってくれるかもしれません。なにかトラブルが発生しても、連絡網をしっかりととっておくことで、孤独死以外のトラブルを未然に防げるでしょう。

家族に徘徊する習慣がある場合は、その行為を阻止する有効な対策となります。そのため、自治体の孤独死対策のセミナーに参加し、周囲の人たちとコミュニケーションをとっておくことは非常に重要なことです。

訪問介護を利用する

もし、家族を1人で生活をさせることを不安に感じるのであれば、訪問介護サービスを利用してみてはどうでしょうか?介護状況について調べていると、「老人ホームには行きたくない。今の快適な自宅を離れるようなことはしたくない。」という声を見かけます。

そのような家族こそ、訪問介護サービスを利用して孤独死を未然に防ぐ対策が非常に有効です。この対策方法なら、家族の介護を自宅でできます。自分で生活することが困難な状況に陥ったとしても訪問介護のスタッフが介助してくれます。

ただし、訪問介護サービスである以上、24時間面倒をみてもらえるわけではありません。そのため、夜中にトラブルが生じていても気づかないことがあります。すべてを任せるのではなく、家族も介護協力が必要になるでしょう。

老人ホームを利用する

孤独死を未然に防ぐ対策として、もっともおすすめなのは、老人ホームを利用することです。介護現場を自宅から老人ホームへと変える必要がありますが、数多くのスタッフが面倒をみてくれるため、こちらは非常に安心です。

もし、事故や病気によって地面に転倒していても、すぐにその異常な状態を見つけだし、しかるべき対処を迅速にしてくれます。在宅介護は、想像以上に家族にも大きな負担がかかります。

老人ホームを利用すれば、家族は県外での生活を維持しながら、いつも通りの生活をおくれるため、だれかが介護疲れすることもありません。

家族が生きているなら、生前整理を相談する

遺品整理について、不安があるのなら、親族が生きているうちに、生前整理をしてみませんか?生前整理であれば、権利関係の難しいものがあっても具体的な意見を聞きながら、片付けることができます。

死亡後に遺品整理をするよりも、トラブルになりません。しかし、生前整理でも、なんの知識もなく取り組んでしまうと、相続についてトラブルが発生する可能性があります。たとえ、生前整理でも、片付けのプロに相談しておいた方が良いでしょう。

ちなみに、生前整理を業者に依頼すれば、相続権利のある親族が県外に住んでいても、あらゆる片付け作業を業者に依頼できます。

死亡後は、遺品整理業者の導入を検討する

もし、孤独死してしまったあとなのであれば、遺品整理業者への相談をおすすめします。もしかして、特殊清掃が必要な状況ではないでしょうか?床材や壁紙へ腐敗体液が強くこびりついている状態でも、遺品整理業者で働くスタッフであれば、片付けることができます。

見積もり書を作成し、その内容に納得頂けるのであれば、すぐに遺品整理作業を進めることができます。親族が他県で働いており、一堂に会することができないということもあるでしょう。

そのような状態では、なかなか遺品整理を進めることができません。遺品整理業者は、仕事の依頼人の権利義務や要望を反映させるため、公平性を保った状態で室内を片付けます。そのため、仕事を休んでわざわざ遺品整理作業をする必要性がなくなります。

まとめ

まとめ

今回は、孤独死をするまえに、どのような対策ができるのかについて、具体的な対策法や問題の所在を放置したことで生じるトラブルについて、プロの遺品整理業者が詳しくご紹介させていただきました。

生前整理や遺品整理にお困りの状態であれば、遺品整理業者に仕事を依頼してみませんか?遺品整理業者に仕事を依頼すれば、特殊清掃や遺品整理に関するトラブルを抱えていても、ほとんど手間をかけることなく片付けることができます。

もし、プロの遺品整理士を探しているのであれば、不動産物件などの法的な手続きに慣れた専門家が在籍する弊社のような遺品整理業者にご相談ください。依頼者本人に、法的な知識がなかったとしても、必要な手続きや作成が必要な書類について、具体的にアドバイスをさせていただきます。遺品整理業務について、いつでもご相談を受け付けておりますので、ご依頼する場合は、弊社までメール、または、お電話でご連絡ください。

遺品整理のみらいプロセスの対応エリア

area__map-banner

遺品整理みらいプロセス にお任せください

遺品整理みらいプロセスは、埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理、生前整理なら即日にお伺い出来ます。お急ぎの方、現場にはいけない遠方の方など、是非ご相談下さい。

※順次エリア拡大中ですが、一部対応できない地域もあります

特殊清掃の関連記事こちらの記事もよく読まれています

2019-05-27

一人暮らしの死亡後の片付けの手順とは?

近隣住民の生活状態を調査すると、一人暮らしの家庭が増えていることがわかっています。少子高齢化社会の到来によって、その現状はますます深刻化しており、見逃せないものとなっています。 ある日、とある一人暮らしの高齢者がアパート…

2019-04-23

孤独死の部屋の匂いを除去する3つの方法をプロが解説!~隣人への補償請求はできる?~

年々増加して社会問題となっている孤独死。これが起きた場合の「部屋の匂い」について、多くの人がそれぞれの立場で、下のような疑問を持っているでしょう。 孤独死の部屋の匂いは、どう除去すればいいのか 隣人が孤独死をしたら、引っ…

2019-07-22

孤独死の原状回復費用をプロが解説!後片付けでかかる金額相場は?

孤独死をして発見が遅れてしまった場合、部屋の壁紙・クロスの交換など、原状回復の費用が必要になることがしばしばあります。このとき、下のような点が気になる方が多いでしょう。 誰がどこまで、支払いの責任を持つのか 保証人でなく…

2019-07-24

プロが教える!孤独死が起きた空き家の後始末のポイントを解説!

少子高齢化や「おひとりさま」の増加で、年々増え続ける孤独死―。内閣府のデータでは「年間3万人を超えた」とされています。 このような状況の中「親が孤独死して、実家が空き家になってしまった」という方も増えているでしょう。その…

事故物件に特殊清掃は、必要?具体的な依頼手順を解説
2019-06-28

事故物件に特殊清掃が必要!具体的な依頼手順を解説

近年、少子高齢化社会になり、年老いた家族が離れて暮らすことも少なくありません。その場合、どうしても故人の死亡確認が遅くなり、安否確認が難しくなります。そのような理由から事故物件化してしまうケースもたくさんあります。 あな…

孤独死が発覚!遺品整理を実施するときの注意点
2019-07-22

孤独死が発覚!遺品整理を実施するときの注意点とは?

故人が室内で孤独死してしまった場合、通常の遺品整理とは違った手順で作業を進めなければいけません。今すぐ、遺品整理に着手したいと思っても、現場の状況によっては、腐敗体液の影響によって簡単に入室できません。 しかし、故人の亡…

ctaFooter__copy-sub

TEL:0120-543-0840120-543-084
無料見積もりはこちら 24時間相談受付中
ctaFooter__hito