遺品整理で残すものとは?見極め方を大公開

遺品整理で残すもの~見極め方を解説~

これから故人が残した遺品を整理していく場合、どのように見極めて必要なものを残していけば良いのでしょうか。あたは、大量に残された遺品の中から、必要なものと不用品として処分すべきものを見極めることができますか?

誤った知識で遺品整理をしてしまうと親族間でトラブルになってしまう可能性があります。もしかして、遺品整理で必要なものを見極めていくにあたり、下記のようなことで悩んでいませんか?

  • 遺品整理をしているがなにを残せばいいのかわからない・・・。
  • 部屋で親が孤独死をしたため、親族間でトラブルにならないように片付けたい・・・。
  • 遺品整理のプロは、どのような基準でどんなものを残しているのか知っておきたい・・・。

この記事では、親族同士が集まって生前整理を進めていく場合、どのような考えで進めていけば良いのかについてプロが詳しく解説していきます。これから遺品整理をはじめたいけれど、具体的な進め方についてわからない方にとって、非常に参考になるでしょう。

プロ直伝!遺品整理で残すものって、どんなもの?

子供時代に描いた絵が遺品整理で出てきた場面

遺品整理を着手する場合、アパートやマンション、一戸建てなどの建物によって、作業のやり方が変わることはありません。私たちプロの遺品整理業者は、主に下記のことを意識して作業に着手していきます。

  • 通帳や現金などは、保管する。
  • 土地の権利書は、読めないものでも保管する。
  • 売却価値のあるものは、保管する。
  • 身分証明書や印鑑類などは、保管する。
  • 会社から一定期間借りているものは、保管する。
  • 自宅や倉庫の鍵類は、保管する。
  • 家族の集合写真など思い出のものは、保管する。
  • 個人的に判断がつかないものは、保管する。

それでは、具体的にどのようなところを意識して遺品整理の作業に着手していくのかをご説明します。

通帳や現金などは、保管する

遺品整理の際、故人の衣服からお金がたくさん見つかります。特に、ズボンのポケットの中に、取りだされることなくそのまま残っているため、しっかりと保管するようにしてください。

1番やってはいけないのは、見つけた人が許可なく盗んでしまうことです。最初に見つけたからといって、自分のものというわけではありません。あくまでも財産相続に関係のある親族同士のものなので、しっかりと許可をとるようにしてください。

そして、通帳関係は、お金に関する大切な記録が残っているため、どのようなものでも残すようにしてください。万が一、銀行口座からお金を引き出す必要性が出た場合は、親族にオープンにした状態で引き出す手続きを進めましょう。

土地の権利書は、読めないものでも保管する

遺品整理をしていると土地の権利書が見つかります。しかし、明治時代の文字で書かれているため、読めないことがあります。昔の権利書だからといって、法的効力がなくなるわけではありません。

大切な当時の記録ですので、親族同士で大切な場所に保管するようにしてください。しかし、明治の時代に書かれた文字が読めない場合、どうすれば良いのでしょうか?この場合、文字を鑑定する人に、日本語の解読を依頼しましょう。

文字鑑定士のような人がいますので、江戸時代や明治時代の古文書と呼ばれる文字は、自分たちで調べるよりも解読を代行依頼しましょう。ちなみに、江戸時代や明治時代の文章は、くずし字で書かれており、そのような文字を古文書といいます。

売却価値のあるものは、保管する

骨董品
遺品整理では、すべてのものの売却価値を見極めてから処分するようにしてください。売却価値のあるものを、親族の許可なく処分してはいけません。なぜなら、資産であるため相続の対象となるからです。

残したものは、すべてお金に変えることができます。しかし、売却価値があるものを見つけたからといって、許可なく売却しお金に変えてはいけません。売却せずに、そのまま残しておくのか、資産として相続するのか、話し合いによって決めていきましょう。これから、売却価値のあるものをいくつかご説明します。

有名なフィギュアや切手などのコレクション

もし、故人がフィギュアなどを集めているのであれば、ダンボールに入れて捨ててしまう前に、金銭的な価値があるか鑑定してもらいましょう。たとえば、古い切手をコレクションとして収集している場合、希少価値の高いものであれば、だれが買い取ってくれる可能性があります。

他にも、保存状態の良いフィギュアであれば、数万円~数百万円する可能性があります。意外とアンティーク系の人形などは、物的価値があることが多いので、必要とする人に売却してみましょう。

階級を表す勲章

自宅に階級を表す勲章などは残っていますか?意外と知られていないのですが、勲章は売却価値があります。特に、だれもが持っていないような数少ない勲章は、高値がつきやすいです。

古いものだから、お金にならないと思ってしまうのではなくて、階級を表すバッジ類は残すようにしてください。バッジ類を収集するコレクターが高値で買ってくれるかもしれません。

日常生活で使っていた家電製品

扇風機やエアコン、電気ヒーターなど、日常生活でまだまだ使えるものは、不用品回収業者に回収してもらうのではなくて売却しましょう。もしかすると、リサイクルショップが高値で買ってくれるかもしれません。

他にも、故人が最新のパソコンやスマートフォンを購入した直後に死亡してしまったのであれば、非常に高値がつきやすいので、すぐに売るようにしましょう。

将棋盤などの趣味のもの

もし、故人が趣味を楽しむ人で高値のものを購入していたのであれば、それを売却できる可能性があります。たとえば、将棋を趣味としているのであれば、希少価値の高い将棋盤が使われていることがあります。

将棋盤の状態が良ければ、たとえ年数が経過していたとしても、高値で買い取ってもらえる可能性があります。趣味系のジャンルのものは、値段が下がりづらいため、処分をしてしまう前に実際の価値を調べましょう。

有名な画家の美術品や職人の壺

美術品や壺は、本物であれば、非常に高値がつくことがあります。自分自身は高値がつくと思っていても、ハンコが偽物であったり、よく似た模造品であることがあるため、実際に売る場合は、鑑定士に診断してもらわなければいけません。

本来、美術品や壺は、年数が経過するにつれて希少価値が上がり、売却金額が上がっていくため、捨てずに資産として保有し続けていきましょう。

年代物のワインや日本酒

故人が古くから保管しているような年代物のワインや日本酒は、高値で売却できる可能性が高いです。ビンに掲載された製造日を確認して、数百年と経過しているものであれば、売却しましょう。

特に、自宅にワインセラーがある場合は、高価なお酒が残っていることがあります。年代物であるほど希少価値が高くなり、売却価値が上がるので未開封のものを売りましょう。

指輪やネックレスなどの貴金属品

故人が高価な指輪やネックレスを所有しているのであれば、売却してみましょう。金や銀、真珠などの宝石は、いつの時代でも高値で取引されています。特に、金のような素材は、市場価値が非常に高いです。

また、ダイヤのように輝く宝石は、大きさによって値段が左右されることがあるので、しっかりと鑑定できる人に診断してもらいましょう。怪しい鑑定士に診断してもらった結果、損をしてしまう可能性もあるので、大手の業者さんを入れると良いでしょう。

袋や紐、入れ物は、すべて残しておこう

少しでも売却価値を上げるには、袋や紐、入れ物の箱を残しておくことが大切です。たとえば、美術品や壺には、入れ物や包んでいる紐があると、高値がつきやすいです。そして、ホコリまみれにするのではなくて、キレイに掃除をしてから鑑定してもらってください。

ちなみに、インターネットオークションやメルカリ、ラクマなどの売却サービスを利用して、売却しても構いません。自分で相場を調べたり、出品などの手続きをする必要があるため、少し手間がかかりますが、少しでも高値で売ることができます。

しかし、引っ越し前で出品などの手間をかけられない方は、遺品整理業者を利用してすべて売却してしまいましょう。

身分証明書や印鑑類などは、保管する

故人の身分証明書や印鑑類は、死亡後の各種手続きで必要になることが多いです。不動産や保険、自宅の公共料金の領収書などの書類も保管しておけば、契約内容の確認や解約手続きで非常に役立ちます。

特に、個人がアパートやマンションに1人で住んでいたのであれば、月末に解約する必要があると思うので、それらの書類を準備しておいて大家さんに相談してください。しっかりと手続きをしておかなければ、賃貸料金を継続して支払わされる可能性があります。

もし、契約を解除する際、契約解除手数料が発生するようであれば、その事実についても記録しておきましょう。自分自身が負担してしまうのではなくて、親族同士で分担するなどをしっかりと話し合いの場をもちましょう。

会社から一定期間借りているものは、保管する

近年は、自宅で仕事をするフリーランスと呼ばれる人たちが増えてきました。フリーランスライターやデザイナー、システムエンジニアなど、その業種は多種多様です。そのため、故人が自宅で仕事をしていた場合は、委託された会社の書類を処分しないようにしましょう。

たとえば、会社から仕事関係の書類や専門書を借りていることがあります。取引先から連絡があった場合は、すぐに返送できるようにダンボールの中にまとめて入れておきましょう。万が一、数年経過しても連絡がない場合は、処分しても良いのかもしれません。

自宅や倉庫の鍵類は、保管する

家の鍵
個人が所有していた自宅や倉庫、金庫の鍵類は、すべて保管してください。アパートやマンション、自宅のドアなどで使えない鍵であったとしても、隠し金庫のトビラに使用するカギである可能性があります。

もし、よくわからない鍵が見つかった場合は、どのようなものに使用する鍵なのか調べるようにしてください。このようなことは、残された親族が知っている可能性が高いです。自分たちで判断できなければ鍵屋に持ち込みましょう。

鍵につけられたナンバーや形状から、どのようなものに利用されるのか把握できる可能性があります。そして、自宅に残された金庫が空かないなどのトラブルが発生しているのであれば、親族が集まっている最中に、鍵屋さんにトビラを開けてもらいましょう。

家族の集合写真など思い出のものは、保管する

一般的に、家族の集合写真は、金銭的価値がないからといって処分してはいけません。家族の集合写真は、大切な心の財産であるため、家族と相談しあって分け合うようにしましょう。

ちなみに、大きなアルバムを自宅に保管するのは大変だと思ってしまうかもしれません。その場合は、スマートフォンやカメラなどを利用して、デジタルデータとして残してしまいましょう。

デジタルデータ化した家族写真は、DropboxやGoogleドライブなどに入れて、親族間で共有できるようにしておきましょう。この方法なら家族写真が劣化することなく、いつでも親族が遺品にアクセスできるようになります。

個人的に判断がつかないものは、保管する

万が一、遺品整理をしている最中に、個人では判断がつかないものが見つかった場合、どのように対処をすれば良いのでしょうか。その場合は、親族間で相談してみましょう。親族間で話し合いをした結果、うまく話がまとまらない場合は、ダンボールの中に入れて保管します。

もしかすると、本来の所有者が現れるかもしれません。その場合は、受け渡しのリーダーを決めておき、引き渡していきましょう。そのため、故人の遺品を管理するリーダーは、だれに渡すことが正解なのか見極めることができる人でなければいけません。

遺品整理で残すものに迷ったら専門業者に相談しよう!

遺品整理業者の女性・男性

遺品整理をしていると、故人のものについて、残すべきなのか、捨てるべきなのか見極めることが難しいことがたくさんあります。その際、残された遺品の見極め方について熟知した人がいればと思うことがあると思います。その場合は、遺品整理業者を頼ってください。遺品整理業者を利用するにあたり、知っておくべきことは下記の通りです。

  • 遺品整理業者への相談をおすすめする理由。
  • インターネットでサービス内容をチェック。
  • スタッフの態度が冷たいかチェック。
  • 見積もり時のヒアリングの仕方をチェック。
  • 現場責任者が正確な見積もりを作っているかチェック。
  • 質問に対して快く回答してくれるかチェック。
  • 大手の遺品整理業者の見積もりを比較して料金チェック。

ここでは、なぜ遺品整理業者を利用するべきなのか、どのようなところをチェックしておくと良いのかについてご説明します。

遺品整理業者への相談をおすすめする理由

故人が死亡してしまい空き家になっているのであれば、今すぐ遺品整理業者に相談しましょう。アパートやマンションなどの賃貸住宅の場合、月末までに遺品整理業者に室内清掃をしてもらうと、無駄な賃貸料金を支払うことなく相手に引き渡すことができます。

近年は、高齢者の孤独死も増加しています。死臭が漂う状況であれば、室内に入室することは困難です。そのような状況では、専用の防具などがなければ遺品整理作業を進めることはできないので、専門の業者を呼ぶようにしてください。

遺品整理業者なら特殊清掃が必要な現場であったとしても問題なく入室し、専門的な知識をもとに迅速に作業を進めてくれます。どれだけ部屋が腐敗体液で汚れていても、無臭の状態に近づけることができます。

インターネットでサービス内容をチェック

遺品整理業者を呼びたいと思ったら、真っ先にインターネットでサービスの内容をチェックしてください。現在は、インターネットを利用して集客する遺品整理業者が増えています。

集客の顔になるインターネット上で公開されているウェブサイトに力が入っている場合、信頼できる業者である可能性が高いです。なぜなら、ウェブサイトに力を入れるにはお金が必要となるからです。

つまり、遺品整理をしたいと考えるお客さまがたくさんのお問い合わせをして資金を豊富に獲得している可能性が高いです。このような場合、数多くのお客さまが信頼を寄せていることが多いので、良質なサービスの判断のポイントと考えて良いでしょう。

スタッフの態度が冷たいかチェック

残すものについて遺品整理業者に見極めてもらう場合、自宅に訪問してもらうことになります。その際、スタッフがどのような態度で接しているか、しっかりと確認するようにしてください。

態度の冷たい遺品整理業者に仕事を依頼してしまうと、作業のたびに遺品の雑な扱い方が気になってしまいます。たとえ、不用品だったとしても故人の使っていたものは、最後まで大切に処分したいというのが本音ではないでしょうか。

社員教育のしっかりとされた遺品整理業者に仕事を依頼することで、すべての作業を丁寧に進めてくれるため、どのような仕事も安心して任せることができます。

見積もり時のヒアリングの仕方をチェック


遺品整理を頼む際、ヒアリングをしてくれないような業者を選ぶことはおすすめできません。なぜなら、遺品整理の依頼者によって、状況が異なるからです。たとえば、腐敗体液が残り、強い腐敗臭が残る現場とほとんど死臭の漂わないキレイな現場では、料金や作業内容が大きく異なります。

そのため、現場の状況や故人の死亡した状態についてヒアリングしてくれる業者を選ぶと、最適なサービスを提供してくれる可能性が高いです。そのような見積もりの方が無駄なお金を払うことがないため、お得に遺品を整理できる可能性が高いです。

現場責任者が正確な見積もりを作っているかチェック

あなたが仕事を依頼しようとしている遺品整理業者は、現場責任者が正確な見積もりをとっているでしょうか。現場責任者が見積書を作っていないのであれば、適正なサービスが提供されていると考えづらいです。

特に、営業担当者と現場担当者が分離している場合は、注意した方が良いでしょう。見積もりの際、対面することがあると思いますので、どのような立ち位置の作業スタッフなのか、しっかりと確認するようにしましょう。

質問に対して快く回答してくれるかチェック

もし、遺品整理業者の提供するサービスのことで気になることがあれば、さまざまなことについて質問してみましょう。その際、スタッフが快く回答してくれる場合は、優良なサービスを提供している可能性が高いです。

特に、オプション料金について気になることがあれば、どのようなことでも質問しておきましょう。すべての疑問を明確化していなければ、あとになって追加のオプション料金が発生するということになりかねません。

違法な遺品整理業者は、料金と関連のあるサービスについてあいまいにしがちなので、受け取った備考欄などに「追加料金が発生することもあります。」などと、怪しいことが記述されている場合は、しっかりと質問しましょう。

大手の遺品整理業者の見積もりを比較して料金チェック

遺品整理業者に仕事を依頼する際は、大手の専門業者で相談して作った見積もりを比較して料金をチェックしてください。たった1社では、不安に感じることがあるでしょう。あまりにも高すぎると感じる場合は、違法な遺品整理業者を利用している可能性が高いです。

もし、遺品整理業者を利用するのであれば、業界最安値を宣言する専門業者に仕事を依頼すると良いです。なぜなら、他社で非常に安い見積もりがある場合、それ以上に安くしてもらえる可能性があるからです。

どのような遺品整理サービスを利用しているのかによりますが、業界最安値宣言をしているのであれば、間違いなく他社よりも料金を下げてもらえるでしょう。もちろん、特殊清掃を含んだ見積もりなのか、含んでいない見積もりなのかによって、料金が大きく変わってくるため、厳正なチェックが終わったあとに料金修正となります。

まとめ

オペレーターの女性

遺品整理を進めていくにあたり、残すものの見極め方について、プロの専門業者として詳しくご紹介させていただきました。親族同士で集まったとしても、どのようなものを故人の遺品として残せば良いのか、判断に迷うことがたくさんあるでしょう。

遺品整理に関する専門的な知識がない状態で遺品整理業務を始めてしまうと、大切な資産を処分してしまう可能性があります。これでは、親族同士の財産相続で大きなトラブルになることも考えられます。

もし、プロの遺品整理士を探しているのであれば、弊社のような遺品整理業者にご相談ください。弊社は、数多くの顧客を抱える不動産などの法的な手続きに強い遺品整理業者です。特殊清掃が必要な現場であっても、問題ありません。弊社までメール、または、お電話でご相談いただければ、すぐにヒアリングし、見積書をお作りいたします。

遺品整理のみらいプロセスの対応エリア

area__map-banner

遺品整理みらいプロセス にお任せください

遺品整理みらいプロセスは、埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理、生前整理なら即日にお伺い出来ます。お急ぎの方、現場にはいけない遠方の方など、是非ご相談下さい。

※順次エリア拡大中ですが、一部対応できない地域もあります

遺品整理の関連記事こちらの記事もよく読まれています

2019-12-11

お札の処分~お寺・神社・自宅・業者での4通りの供養方法~

遺品整理や生前整理をしていると、お札が出てくることもあります。そのとき「お札はどのように処分すればいいのか」と疑問に思う方は多いでしょう。 神社やお寺に持ち込まなければならないのか? 自分で捨てることはできるのか? 供養…

2019-12-12

空き家掃除の費用相場と業者の選び方、自分でやるコツ

業者による空き家掃除のサービスは、2種類に分かれます。1つは大型清掃、もう1つは定期清掃です。 大型清掃…遺品整理・引っ越し・不動産売却などで行う 定期清掃…空き家を維持するために行う 2種類のどちらにしても、費用の相場…

2019-11-24

実家の荷物の処分~業者に依頼すべき?料金相場と選び方~

遺品整理や生前整理など、実家の荷物の処分が必要になるケースは多くあります。そのとき、多くの人が知りたいのは下のような点でしょう。 自分でやるべきか、業者に依頼すべきか 「一部のサービスだけ」業者に依頼できるか 費用はどれ…

2019-12-17

遺品整理は四十九日の前後、どっちがいい?ベストの片付け時期

遺品整理は通常の仕事と違い「故人への追悼の念」が絡むもの。このため、行う時期についても四十九日などの節目を意識する人が多いでしょう。 四十九日より前は、やらない方がいいか 逆に、四十九日までにやった方がいいのか 初七日な…

2019-11-30

遺品整理のお祓い~必要なケース・供養との違い・依頼先の選び方~

遺品整理の現場では、供養だけでなく「部屋のお祓い」をすることがしばしばあります。ご自身が関わる遺品整理で「うちもお祓いをした方がいいのか」と疑問に思う方は少なくないでしょう。 どのようなケースで必要なのか なぜ必要なのか…

遺品整理で親族同士がもめる?トラブルの理由や予防法
2019-12-12

遺品整理で親族同士がもめる?トラブルの理由や予防法は?

遺品整理のやり方を間違えると、親族同士でもめてしまってトラブルに発展してしまうことがあります。そのため、遺品整理をしていくにあたって、親族同士でトラブルになりたくなければ、そのトラブルの理由や具体的な予防法について把握し…

ctaFooter__copy-sub

TEL:0120-543-0840120-543-084
無料見積もりはこちら 24時間相談受付中
ctaFooter__hito